FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

※このお話を最初から読むには『パドルスパンキング(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『パドルスパンキング(特典画像)』まで。

**************************************************

ホテルの部屋に入ると私はいつものように
部屋の一番奥のソファに座りました。
そして、彼女に私の目の前の床に座らせると
四つん這いにして私に向かってお尻を突き出すよう
命令しました。

彼女はノーパンでプラグを挿入してきた背徳感と
スリルと羞恥心で既に興奮を高めて大量の愛液を
溢れ出させていました。

私は彼女が無防備に曝け出したクリトリスを
愛液を絡めた指先で刺激しながら、
快感と興奮とでヒクヒクとアナルで蠢くプラグ
出し入れして刺激しました。

「ああっ、いいっ、気持ちいいっ!ああっ!
 クリとアナルが気持ちいいです。あああっ!
 私はお尻の穴でも感じる変態です…ううう…」
マキさんは与えられる秘部の敏感な部分への
強い刺激で歓喜の声を上げて悶えました。

私は続けてアナルプラグを出し入れし続けたまま
クリトリスを刺激する指を親指に変えて、
愛液のベットリと付着した人差し指と中指を
マキさんにヴァギナに押し込んでいきました。

「はううっ!ああっ!」
マキさんは背中に電気が走ったように
ビクンと強く仰け反らせて叫び声を上げました。

「ホラ、何とか言ってみろよ…」
私はそう言いながら、中指の奥でポルチオを責め
人差し指でGスポットを圧迫しながら、
親指でクリトリスを押し潰すように刺激しました。

「あううっ!気持ちいいです。あううっ!
 オマ○コが気持ちいいです。はううっ!」
マキさんは素直なリアクションを返しながら
快感でお尻を小刻みに震わせました。

「ホラ、ケツも気持ちいいんだろうが…」
私が秘所を指で責めるのと合わせるように
アナルのプラグを回転させながら菊座を
押し広げるように出し入れ運動させました。

「あううっ!気持ちいいです、ご主人様…。
 オマ○コもアナルも気持ちいいです。ああ…」
マキさんは二穴を同時に責められながら与えられる
粘膜への圧迫刺激で歓喜の声を上げました。

「フフン、マ○コは淫乱でケツの穴は変態だな」
「あううっ!はい、私は淫乱で変態です」
「そうか、じゃあもっと淫乱の変態女を喜ばせてやる」
「ああっ!ありがとうございます。嬉しいです。
 淫乱の変態に調教されて嬉しいです!」
マキさんは自分で自分に暗示を掛けるように
言葉を発しながら更に興奮を高めていました。

「ああっ!ダメです。逝きそうです。あああっ!」
マキさんはそう言いながらお尻から内股にかけて
ブルブルと震わせて昇り詰めていく様子でした。

「淫乱の変態女はマ○コとケツを掘られて逝くか」
「ああっ!はい、逝きます。もうダメです。
 私はオマ○コとお尻を掘られて逝く淫乱の変態です。
 ああっ!ご主人様、逝かせて下さい!」
「よし、じゃあ逝っていいぞ、淫乱の変態女」
「ああっ!ご主人様、ありがとうございます。
 逝きます!逝きますうっ!」
マキさんはそう絶叫しながらガクガクと全身を
激しく震わせながら一気に快楽の頂点に達して
グッタリと脱力して崩れ落ちました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4546-55453da8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック