FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

※このお話を最初から読むには『パドルスパンキング(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『パドルスパンキング(特典画像)』まで。

**************************************************

マキさんを全裸にしてベッドに座らせ後ろ手に綿紐
緊縛していくと、彼女は緊縛の拘束感と綿紐が肌に
擦れる感覚とでウットリした恍惚の表情を浮かべて
興奮している様子でした。

私は彼女の首輪に繋がったリードを引っ張ると
ベッドにうつ伏せになるように引き倒しました。

そして、二本目の綿紐を解くと、足首と腿を
折り重ねるようにして固定して膝に起点を作り、
その起点から綿紐を背中の起点に伸ばして縛って
両脚を閉じられないように固定しました。

そして電マアタッチメントを彼女の膣に挿入し
膣内とクリトリスに振動刺激を与えながら
お尻を平手打ちして苦痛も与えました。

「フン、お前は今日は何をされたくて来たんだ?」
私が彼女のお尻を平手打ちしながら訊ねると…
「あううっ!お尻を叩かれたいです…ううっ!
 ご主人様、もっと叩いて下さい…ううっ!」
と、マキさんは苦痛に顔を歪ませながらも
更に強い苦痛刺激を求めました。

「そうか、じゃあもっと強烈な痛みをやろう…」
私はそう言って革のパドルを取り出すと、
彼女のお尻をピシピシと軽快な音を立てて
連続的に打ち据えました。

「ひっ!ああっ!あううっ!」
マキさんは皮膚の弾ける音が響くたびに悲鳴を上げ
背中をビクビクと仰け反らせました。

「ホラ、嬉しいか?」
私は彼女を蔑むように嘲笑いながら声を掛けました。
「はううっ!はい、嬉しいですっ!あううっ!」
マキさんは涙交じりの声で答えながら
身体を小刻みに震わせて耐え続けていました。

「それなら、もっと喜べよ!」
私はそう言いながら更に強い力で彼女のお尻を
激しく打ち据えました。
バシーンという革の音と共にマキさんの
「ぎゃあっ!」という悲鳴が響き、見る見る彼女の
臀部の皮膚が紅く腫れ上がっていきました。

「ホラ、もっと喜んで見せろよ…」
私はパドルでの打撃を繰り返しながら、
彼女の秘処に宛がわれた電マをグリグリと
強く押し付けました。

「あああっ!気持ちいいっ!ああっ!すごいっ!
 あああっ!オマ○コとお尻が気持ちいいっ!」
マキさんは半狂乱になりながら全身をバタつかせ
与えられる強烈な刺激を受け止めていました。

「そうか、ケツ叩かれて気持ちいいか…」
「あううっ!気持ちいい!お尻が気持ちいいです!」
「お前は本当にケツ叩かれて喜ぶ変態マゾ女だな」
「ああっ!はい、私はお尻を叩かれて喜ぶ変態の
 マゾ女ですっ!あおおっ!」
マキさんは自らを貶める言葉に酔いながら
更に自分自身の快楽と興奮を高めていく様子でした。

「はううっ!もうダメっ!ああっ!逝くっ!」
マキさんはそう叫ぶと口から涎を垂らしながら
全身を痙攣させるように仰け反らせて
一気に快楽の頂点に昇り詰めていきました。

「ホラ、じゃあ逝けよ、変態マゾ女」
私はそう言いながら彼女のお尻を激しくパドル
打ち据えて、電マを強く押し付けて振動の快楽を
与えました。

「あおおっ!逝くっ!逝くうっ!」
マキさんは絶叫しながら全身を硬直させると
そのままグッタリとベッドに崩れ落ちて果てました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4549-f18a0e00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック