FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

※このお話を最初から読むには『パドルスパンキング(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『パドルスパンキング(特典画像)』まで。

**************************************************

マキさんを全裸にして綿紐で後ろ手に緊縛し、
首輪を嵌めてうつ伏せに寝かせ、
両脚を開脚させて固定すると、電マに装着した
アタッチメントを彼女の膣内に挿入して、
彼女に最初のエクスタシーを与えました。

更に、この日は彼女が
「スパンキングされたい」
と希望していたことから、革のパドルを使って
電マの快楽と合わせてスパンキングの苦痛を
与えました。

マキさんは電マによる強烈な振動の快楽と
パドルによる打撃の苦痛で泣き叫びながらも
被虐感で強い興奮を感じ取りながら
連続でエクスタシーに達して果てました。

私はグッタリしたマキさんの両脚の綿紐を解き
腰を掴んでお尻を突き出させると、後背位で
コンドームを装着したペニスを挿入していきました。


「あううっ!気持ちいいっ!」
マキさんは肉茎で膣粘膜を押し広げられる感覚に
甘い歓喜の声を上げました。

「ホラ、気持ちよかったらケツ振ってみろ」
私はそう命じながら彼女の爛れた臀部を
ピシャリと平手で叩きました。

「ひいいっ!かしこまりました、ご主人様っ!」
マキさんは悲鳴と嗚咽の混じった声で答えると
両手を拘束された不自由な上半身を動かして
必死に腰を前後に動かし始めました。

「ホラ、ケツ叩かれたいんだろ、変態!」
私は嘲るように言いながら、彼女の傷んだ
お尻の皮膚を繰り返し平手打ちしました。

「あううっ!ひいいっ!あおうっ!おおおっ!」
マキさんはお尻を叩かれる度に言葉にならない
悲鳴を上げながら悶絶しました。

「ホラ、何とか言ってみろよ、変態マゾ女!」
私がそう言って渾身の力でお尻を叩くと
「ぎゃあっ!う、う、嬉しいです…ううう…」
と、彼女は泣きながら答えました。

「あん?嬉しいのか?」
私は彼女に追い打ちを掛けるように繰り返し
お尻を叩きながら訊ねました。
「ひいいっ!嬉しいです!嬉しいです!」
マキさんは促されたことに応じるように
泣きながら必死に答えました。

「フン、変態マゾ女はケツ叩かれるのが嬉しいか」
「ううう…嬉しいです、ううう…」
「フフン、じゃあもっと欲しいか…」
「ううう…もっと叩いて欲しいです…」
「そうか、じゃあもっと喜べよ、変態マゾ女」
私はそう言いうと再び彼女のお尻を平手で
叩き始めました。

「ひいいっ!嬉しいっ!嬉しいですっ!」
「フン、嬉しいならケツ振って喜べよ!」
「ああっ!はい、嬉しいです、もっと叩いて下さい」
「もっと叩かれたいのか、変態マゾ女!」
「ああっ!もっと叩かれたいです、ご主人様っ!
 私はお尻を叩かれて喜ぶ変態マゾ女ですっ!」
マキさんは半狂乱のように叫びながら
お尻の平手打ちに歓喜の声を上げ続け
狂ったように腰を振りながら快楽と苦痛を
貪り続けました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4551-429058d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック