FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

※このお話を最初から読むには『パドルスパンキング(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『パドルスパンキング(特典画像)』まで。

**************************************************

マキさんを全裸にして綿紐で後ろ手に緊縛し、
首輪を嵌めてうつ伏せに寝かせ、
両脚を開脚させて固定すると、電マに装着した
アタッチメントを彼女の膣内に挿入した上に
革のパドルで激しくスパンキングしながら連続で
エクスタシーを与えました。

その後、マキさんの脚の緊縛を解いて後背位から
コンドームを装着したペニスを挿入しながら
彼女の爛れた臀部を平手打ちしました。

「ひいいっ!嬉しいっ!嬉しいですっ!
 ああっ!もっと叩かれたいです、ご主人様っ!
 私はお尻を叩かれて喜ぶ変態マゾ女ですっ!」
マキさんは半狂乱のように叫びながら
お尻の平手打ちに歓喜の声を上げ続け
狂ったように腰を振りながら快楽と苦痛を
貪り続けました。

「そんなに嬉しいならケツ振ってみろ」
私がそう言いながらマキさんのお尻を叩いて
更に促すと
「はううっ!嬉しいです、ご主人様、嬉しいです」
と彼女は答えて必死に腰を前後に動かしました。

「ホラ、ダラダラせずにケツ振るんだよ!」
私は容赦なく彼女のお尻を平手打ちし続け
更に激しく自ら動くように促しました。

「はううっ!ごめんなさい、ご主人様…」
マキさんは泣きながら謝罪すると命じられた通り
腰を必死に動かして肉棒を奥まで飲み込むように
運動させました。

「ホラ、もっと奥までだ…」
私はそう言いながら彼女の爛れた臀肉を
鷲掴みにして引き寄せ、肉槍を彼女の体内の
一番奥まで押し込みました。

「ひいいっ!あああっ!あおおおー!」
マキさんは言葉にならない咆哮を上げながら
全身をビクビクと震わせました。

「オラ、何とか言ってみろよ!」
私はマキさんのポルチオを抉るように肉棒を
律動させながらお尻を叩いて言葉を促しました。

「ひいいっ!気持ちいいです、ご主人様!
 ご主人様のオチ○チンが気持ちいいですっ!
 オマ○コの奥が気持ちいいですっ!」
マキさんは泣き叫びながら与えられる快楽に
全身を震わせていました。

「ホラ、変態マゾ女が大好きなケツも叩いてやる」
「あぐうっ!ありがとうございます!
 お尻も気持ちいいですっ!あおおおっ!
 オマ○コもお尻も気持ちいいですっ!
 あああっ!逝きそうですっ!あああっ!」
「フフン、マ○コ掘られてケツ叩かれて
 また逝きそうか、この変態マゾ女…」
「はううっ!逝きそうです…ご主人様…
 逝かせて下さい…あううっ!」
「フン、じゃあ逝けよ、逝っていいぞ」
「あああっ!ありがとうございます、ご主人様!
 逝きますっ!逝きますっ!」
マキさんはそう叫びながら激しく自らお尻を
振りながら全身をビクビクと痙攣させて
一気に快楽の頂点に昇り詰めて果てました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4552-641e071d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック