FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

※このお話を最初から読むには『パドルスパンキング(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『パドルスパンキング(特典画像)』まで。

**************************************************

マキさんを全裸にして上半身を後ろ手に綿紐で縛り
首輪を嵌めて四つん這いにして後背位からペニスを
挿入して激しく膣奥を突き上げました。

それに合わせてパドルでのスパンキングで爛れた
臀部を平手打ちすると、彼女は苦痛と快楽で
泣き叫びながらもエクスタシーに達して果てました。

マキさんはグッタリとベッドにうつ伏せで崩れ落ち
ハァハァと激しく呼吸しながら呆然としていました。

私は彼女を仰向けに寝かせると、彼女の顔は汗と
唾液とで髪がベットリと貼り付いていました。

私は脱力したままの彼女の両脚をM字に開くと
パックリと口を開いて粘液を垂らしている秘裂に
正常位で肉棒を押し込んでいきました。

「あううっ!」
再び膣粘膜を押し広げられる感覚にマキさんは
甘い喘ぎ声を上げました。

私はその反応を見ながら彼女の膝を掴んで
肉棒が更に奥深く突き刺さるように
彼女に屈曲姿勢を取らせました。
そして、肉棒の先端で硬い子宮頸の感触を
確かめながらグリグリと抉るように
腰を回転運動させました。

「はあはあっ!いいっ!気持ちいいっ!」
マキさんは子宮頸を摩擦される感覚に合わせ
ビクンビクンと身体を震わせて歓喜しました。

「ホラ、気持ちいいのか、あん?」
私は彼女の感覚を確かめながらポルチオを
強く摩擦するように刺激し続けました。

「あああっ!いいですっ!気持ちいいですっ!
 ご主人様のオチ○チンが気持ちいいですっ!
 オマ○コの奥が気持ちいいですっ!
 また逝きそうですっ!あああっ!」
マキさんは歓喜の喘ぎ声を上げながら
再び興奮の頂点に昇り詰めていくように
興奮を高めていく様子でした。

「フン、また逝くのか。どんだけ淫乱なんだよ」
私は再びマキさんを貶めるように言いながら
彼女の快楽を感じるGスポットとポルチオを
抉るように肉槍を律動させました。

「あああっ!気持ちいいですっ!逝きそうですっ!
 私は何度も逝ってしまう淫乱です!」
マキさんは私に言われた通りに自らを貶めながら
更に自分自身の興奮を高めている様子でした。

「ホラ、じゃあ逝けよ、淫乱女」
私は肉槍での膣粘膜と子宮頸を強く突き上げながら
爛れた臀部を鷲掴みにして苦痛刺激を与えました。

彼女は快楽と苦痛の強い刺激を同時に受けると
更に大量の愛液を膣から溢れ出させ、
肉棒の動きに合わせてグチョッ、グチョッという
卑猥な音を立てて白い泡を吹き出しました。

「ああっ!逝くっ!逝くうっ!」
マキさんはそう叫ぶと快楽と苦痛を感じながら
一気に興奮の頂点に達して果てました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4553-9f34f77e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック