FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ミィさん

※このお話を最初から読むには『尻尾アナル調教(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『尻尾アナル調教(特典画像)』まで。

**************************************************

私達は予約しておいたホテルにチェックインして
部屋に入りました。

部屋に入るといつものように、私は部屋の一番奥の
ソファに座り、持参した調教用の道具を
用意し始めました。

ミィさんは部屋に入ると私の部下は座るソファの
前の床に正座して、準備する私を見上げていました。

「じゃあ、ちゃんとプラグを入れてきたのを見せて」
私が淡々とした口調でそう言うと、彼女は
「あ、はい、かしこまりました、ご主人様…」
と答えて、モジモジとどうしていいかわからない
といった様子で恥ずかしそうに俯いていました。

「全部服を脱いでから四つん這いになってケツを向けて
 プラグが入っているのが見えるように死てみろ」
私がそう説明するように言うと、彼女は心得たように
「はい、かしこまりました、ご主人様…」
と答えて、私に言われた通りにしました。

彼女はまず立ち上がると、当日着てきたブラウス、
スカート、ストッキングの順に脱いでいき、
そのままブラジャーとショーツを脱いで
全裸になりました。

その後、私に背を向け四つん這いの姿勢になり
お尻を私に向けるように突き出して、
アナルが丸見えになるようにしました。

「もっとよく見えるように広げてみろ」
私がそう冷淡に命じると、彼女は…
「はい、かしこまりました、ご主人様…」
と羞恥心で声を震わせながら答えて、
両手でお尻の肉を左右に広げました。

彼女のアナルはヒクヒクと収縮し、
その動きに合わせるようにプラグも蠢きました。
そして、菊花の下の花弁も小刻みに震えながら
溢れ出た愛液で潤っていました。

「フフフ、ずいぶん興奮しているようだな。
 お前はケツマ○コでも逝ける変態だもんな…」
私が突き出されたプラグを摘まんで
回転させるように刺激すると…
「あうう…はい、ご主人様…ううう…
 ご主人様に調教していただいて…
 ケツマ○コでも逝けるようになりました…」
と、彼女は直腸の摩擦刺激で喘いで答えました。

私は彼女のその反応を見つめながら、
更にアナルにプラグでの摩擦刺激を与えながら
彼女の被虐感を煽りました。

「そうか。ケツマ○コで逝ける変態になったか。
 今日は尻尾をつけてケツマ○コでタップリ逝けよ」
「ああ…はい、ご主人様、ありがとうございます…。
 今日はご主人様にケツマ○コを犯して欲しいです。
 ケツマ○コで逝ける変態のメス犬にして欲しいです」
「そうだな。お前は変態のメス犬だな。
 もっと変態の淫乱になれるように調教してやるよ」
「ああ…はい、ご主人様、嬉しいです。
 ご主人様に淫乱に調教していただけて嬉しいです」

彼女はアナルを調教されて、更に感じる身体になることを
喜びながら興奮を高めている様子でした。

彼女の秘所からは更に大量の粘液が溢れ出て
花弁から床に糸を引くように垂れ下がっていました。

私は彼女の興奮を確認しながら、
彼女が望む淫乱の変態メス犬への調教
始めることにしました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4565-e38db13a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック