FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ミィさん

※このお話を最初から読むには『尻尾アナル調教(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『尻尾アナル調教(特典画像)』まで。

**************************************************

私はホテルの部屋に入ると一番奥のソファに座り、
ミィさんに全裸になって四つん這いになり、
プラグを入れてきたアナルを見せるよう命じました。

彼女は羞恥心でモジモジしている様子でしたが
命じられた通りに服を全て脱いで四つん這いになり
私にお尻を向けて突き出し、お尻の肉を両手で
左右に広げて秘部を曝け出しました。

彼女の秘裂からは大量の愛液が溢れ出て、
プラグを挿入してきた被虐感や屈辱感と
恥部を曝す羞恥心とで興奮している様子でした。

「よし、いいだろう。起き上がってこちらを向け」
「はい、かしこまりました、ご主人様…」
私はそう言うとミィさんは素直に答えて、
命じられた通りに身体を起こして
私に向かって正面に正座しました。

私は次に綿紐を取り出し、彼女を菱縄に縛っていきました。

綿紐が彼女の肌を這って擦れるたびに、
彼女はふぅ~っ、ふぅ~っっと興奮を押し殺したような
甘い吐息を漏らしていました。

私は彼女の興奮を確認しながら、彼女の肌に
圧迫感を与えるように綿紐を締め上げて
身体に食い込ませていきました。

彼女の身体の曲線に併せて綿紐を這わせ、
胸が上向くようにキュッと締め上げていくと、
「あっ…、あうっ…」
と、ミィさんは敏感な喘ぎ声を漏らしました。

「フフフ…縛られて興奮してきたか…」
私が作業を続けながら微笑んでそう訊ねると…
「あぁ…はい…」
と、彼女は上気した表情で耳まで紅潮させながら
恥ずかしそうに小さな声で答えました。

菱縄を作りながら綿紐を締め上げていくと
彼女の股間を這う紐が締め上げられていき
その感触で彼女は下半身を小さく震わせました。

「フフフ…、マ○コの紐が気持ちよさそうだな…」
私がそう言って彼女の股間に手を滑り込ませ
綿紐を引っ張って彼女の亀裂に食い込ませると…
「あうう…はい、気持ちいいです…」
とミィさんは腰を引きながら脱力して
私に身を任せてきました。

彼女のその反応に合わせるように秘裂からは
粘度の高い蜜が溢れ出て綿紐を濡らしました。

「フフッ、縛ったらマ○コ汁がもっと出てきたぞ。
 縛られて悦んでるのか、変態マゾ女」
「ああ…、はい…縛られて…嬉しいです…。
 私は縛られて悦ぶ…変態の…マゾです…」
ミィさんは自らを貶める言葉で更に自分自身を
興奮させている様子でした。

「よしよし、お前は変態のメス犬になりたいんだよな」
「ああ…はい。私は変態のメス犬になりたいです…」
「じゃあ、メス犬にしてやるからメス犬の恰好になれ」
「あぁ…かしこまりました、ご主人様…」
ミィさんは私に命じられて再び四つん這いになりました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4566-4eb786a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック