FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ミィさん

※このお話を最初から読むには『尻尾アナル調教(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『尻尾アナル調教(特典画像)』まで。

**************************************************

私達はホテルの部屋に入り、ミィさんを全裸にして
綿紐で菱縄に縛って、四つん這いでソファに
伏せさせました。

そして、首輪を彼女の首に嵌めリードを繋げて
彼女の両手を背後で革手枷で拘束しアイマスク
ギャグボールを嵌めました。

その上で、更に彼女のアナルに押し込まれたプラグ
彼女の手作りの柴犬の尻尾をつけました。

彼女は緊縛されて両手を拘束された緊張感と
首輪と尻尾をつけられてメス犬に堕ちた感覚の
被虐感と屈辱感とで興奮している様子で
彼女の秘部から愛液を垂らしていました。

私は彼女の興奮を更に煽るつもりで
プラグを回転させながらアナルを出し入れし
括約筋への圧迫と直腸粘膜への摩擦刺激とを
与えました。


「むぐう…ひおひいいえふ(気持ちいいです)。
 けふあんおひおひいいえふ(ケツマ○コ気持ちいいです)」
ミィさんは与えられる恥部への快楽刺激に
身体を仰け反らせながら歓喜の声を上げました。

「オラ、変態、もっとケツの穴で喜べ」
私がそう言いながら更にプラグを出し入れすると
「おおおっ!いいっ!あおおっ!おおおっ!」
とミィさんは言葉にならない咆哮を上げて
背徳的な快楽に飲み込まれていきました。

「ホラッ!ケツが好きなんだろうが!」
私はそう言ってプラグを出し入れしながら
彼女のお尻を激しく平手打ちしました。

「ひいいっ!ひおひいいえふ(気持ちいいです)
 おひいおけふあんおおひおひいいえふ
(お尻もケツマ○コも気持ちいいです)」
ミィさんは強烈な臀部への衝撃を受け止めると
全身を引き攣らせるように硬直させて
歓喜の声を上げました。

「オラ、嬉しいのか、変態!」
私が訊ねながら繰り返し平手打ちを与えると
「ああっ!うえひいえふ(嬉しいです)!
 おひいおははかえへうえひいえふ
(お尻を叩かれて嬉しいです)」
と嬌声を上げながら答えました。

「ケツ叩かれてケツマ○コ掘られて嬉しいか」
「あううっ!ふぁい、うえひいえふ(はい、嬉しいです)
 おひいおけふあんおおうえひいえふ
(お尻もケツマ○コも嬉しいです)
 ほっほいひえへくあはい(もっと虐めて下さい)」
「フフン、虐められて嬉しいか、変態のメス犬」
「あああっ!うえひいえふ(嬉しいです)
 わらひあへんはいおえふいうえふ
(私は変態のメス犬です)。あううっ!
 いきほうえふ、いかへへくあはい!
(逝きそうです、逝かせて下さい)」
ミィさんはアナルへの圧迫刺激と摩擦刺激の上に
スパンキングによる苦痛刺激も複合的に受けて
一気に興奮の頂点に昇り詰めていきました。

「フン、じゃあケツで逝けよ、変態メス犬!」
私はそう言いながらプラグの出し入れと平手打ちを
ミィさんに与え続けました。

「ああっ!ひぐっ!ひぐうっ!(逝くっ!逝くうっ!)」
彼女はそう叫びながら全身を仰け反らせて
ビクビクと痙攣させながら昇天して果てました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4568-beb96029
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック