FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ミィさん

※このお話を最初から読むには『尻尾アナル調教(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『尻尾アナル調教(特典画像)』まで。

**************************************************

私達はホテルの部屋に入り、ミィさんを全裸にして
綿紐で菱縄に縛って、四つん這いでソファに
伏せさせました。

そして、首輪を彼女の首に嵌めリードを繋げて
彼女の両手を背後で革手枷で拘束しアイマスク
ギャグボールを嵌めました。

その上で、更に彼女のアナルに押し込まれたプラグ
彼女の手作りの柴犬の尻尾をつけ、
プラグを回転運動させながら出し入れすると
直腸への摩擦刺激と括約筋圧迫刺激とで
彼女はエクスタシーに達して果てました。

「フフン、アナルで逝けるようになったな、変態」
私が彼女のお尻をピシャリとと叩いて言うと
「ううう…ふぁい、ひぎはひは(はい、逝きました)
 わらひあへんはいえふ(私は変態です)…」
と彼女は弱々しい声で答えました。



私はプラグを引き抜くと、パックリと口を開いたアナルに
ワセリンをタップリと塗り込みました。
そして、後背位から彼女のアナルにペニスをゆっくり
挿入していきました。

「うぐう…むぐう…おうう…」
彼女の菊座はプラグで拡張はされていましたが
未通孔を押し広げられるメリメリとした感覚に
彼女は苦痛と屈辱の呻き声を上げました。

「ホラ、ケツの力を抜けよ」
私はそう言いながらミィさんのお尻を平手打ちして
命じました。

「ひいっ!ふぁい、ほへんあはい
(はい、ごめんなさい)…ううう…むうう…」
ミィさんは命じられた通り緊張を解くように
括約筋の力を抜いていきました。

「そうだ、そのまま力を抜いていろよ…」
私はそう言いながらゆっくりと菊座を押し広げ
肉茎を直腸の一番奥まで押し込みました。

「あうう…おうう…むうう…」
内臓に初めて男根を受け入れたミィさんは
苦痛と屈辱感と異物の嫌悪感とで
言葉にならない嗚咽混じりの呻きを漏らしました。

「ホラ、ケツマ○コに入ったぞ、変態メス犬」
「ううう…ふぁい(はい)…ううう…」
「ケツマ○コも気持ちいいだろうが…」
「ううう…ひおひいいえふ(気持ちいいです)」
「じゃあ、もっと気持ちよくしてやるからな…」
私はそう言いながら彼女の腰骨を掴み
彼女の直腸を突き上げるように肉茎を
前後に律動させました。

「ああっ…おうっ…はおおっ…おううっ…」
ミィさんは粘膜の擦れる強烈な快感に
甘い声を漏らしながら喘ぎました。

「ホラ、ケツマ○コが気持ちいいか」
「ああっ、ふぁい、ひおひいいえふ
(はい、気持ちいいです)」
「フン、ケツの穴で感じるのか、変態」
「ああっ、ふぁい、かんひあう(はい、感じます)
 おひいおああえかんひあふ(お尻の穴で感じます)
 わらひあおひいおああえかんひうへんはいえふ
(私はお尻の穴で感じる変態です)」
ミィさんは肛門を貫かれる刺激で快楽を覚えながら
歓喜の声を上げ続けました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4569-630206c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック