FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ミィさん

※このお話を最初から読むには『尻尾アナル調教(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『尻尾アナル調教(特典画像)』まで。

**************************************************

私達はホテルの部屋に入り、ミィさんを全裸にして
綿紐で菱縄に縛って、四つん這いでソファに
伏せさせました。

そして、首輪を彼女の首に嵌めリードを繋げて
彼女の両手を背後で革手枷で拘束しアイマスク
ギャグボールを嵌めました。

その上で、更に彼女のアナルに押し込まれたプラグ
彼女の手作りの柴犬の尻尾をつけ、
プラグを回転運動させながら出し入れすると
直腸への摩擦刺激と括約筋圧迫刺激とで
彼女はエクスタシーに達して果てました。

そのまま彼女のアナルからプラグを引き抜くと
四つん這いのまま後背位でアナルにペニスを
挿入していきました。

彼女は括約筋を男根で押し広げられる圧迫感と
直腸粘膜を擦られる摩擦刺激とで快楽を感じると
歓喜の声を上げました。

「ああっ!ひおひいい(気持ちいい)!
 けふあんおきおひいい(ケツマ○コ気持ちいい)」
ミィさんは発狂したように叫びながら
私のピストン運動に激しく反応しました。

「ホラ、変態、もっと喜べ!」
私はそう言って後孔を凌辱しながら
お尻を力一杯平手打ちしました。

「ひいいっ!」
ミィさんは悲鳴を上げると背中を仰け反らせて
必死に痛みに耐えていました。

「ホラ、喜べよ、変態マゾのメス犬!」
私は容赦なく彼女のお尻を平手打ちしながら
更に強く菊座を突き立てました。

バシッという皮膚の強烈な破裂音と共に
彼女の臀部は見る見る赤く腫れ上がっていき
熱を帯びていきました。

「どうした変態マゾのメス犬。何とか言ってみろ」
私は彼女の言葉を促すように更に連続で
彼女のお尻を殴打し続けました。

「ぎゃあっ!うえひいえふ(嬉しいです)!
 ほっほははいへくらはい(もっと叩いて下さい)」
ミィさんは発狂したような叫び声を上げながら
背中を仰け反らせて、平手打ちの苦痛と
粘膜を擦られる快楽に浸っている様子でした。

「フン、ケツを掘られて叩かれて喜んでるな、変態」
「ああっ!ふぁい、うえひいえふ(はい、嬉しいです)
 おひいおははかえてうえひいえふ
(お尻を叩かれて嬉しいです)
 けふあんおあきおひいいえふ
(ケツマ○コが気持ちいいです)」
「ケツで感じるようになったか、淫乱の変態メス犬」
「ああっ!ふぁい、かんひあふ(はい、感じます)
 けふあんおえかんひあう(ケツマ○コで感じます)
 わらひあけふあんおえかんひういんあんえふ。
(私はケツマ○コで感じる淫乱です)
 わらひあおひいをははかえてよおこうへんはいえふ
(私はお尻を叩かれて喜ぶ変態です)」
ミィさんは自分で自分を貶めるように言いながら
その言葉に酔うように興奮を高めていきました。

「あああっ!いきほうえふ(逝きそうです)
 いかへへくらはい(逝かせて下さい)」
ミィさんは初めてのアナルでの絶頂に向かって
興奮を高めている様子でした。

「よし、いいぞ。逝っていいぞ」
私は彼女に許可を与えると更に彼女のお尻を叩き
アナルを貫く男根のストロークを速めていきました。

「あああっ!ひぐうっ!(逝くうっ!)」
ミィさんは断末魔の叫び声を上げながら
全身を激しく痙攣させて仰け反りながら
一気に快楽の頂点に達して果てました。

つづく



FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4570-817874bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック