FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ミィさん

※このお話を最初から読むには『尻尾アナル調教(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『尻尾アナル調教(特典画像)』まで。

**************************************************

私達はホテルの部屋に入り、ミィさんを全裸にして
綿紐で菱縄に縛って、四つん這いでソファに伏せさせ
首輪アイマスクギャグボールを嵌めて、
後背位からアナルにペニスを挿入して逝かせました。

ミィさんは初めてのアナルへのペニスの挿入で
強い被虐感と屈辱感を興奮に変えながら
直腸への摩擦と括約筋への圧迫感とで
強烈な快楽を得た様子でした。

彼女は逝き果てたままグッタリと脱力して
ハァハァと激しく呼吸していました。

私はアナルからペニスを抜くと、
彼女を後ろ手に拘束している革手枷を外し、
首輪に繋がったリードを引っ張りました。

「ホラ、ベッドに行くぞ…」
私に強く引っ張られて、彼女は…
「ううう…ふぁい(はい)…」
と力無く答えたまま、首輪を引かれて四つん這いで
ベッドに上がりました。

ミィさんをベッドに仰向けに寝かせると
次に二本目の綿紐を解いて、彼女の両脚を
胡座の状態で固定し、足首と手首を重ねて
縛りました。

彼女は脚を閉じることが出来ないように縛られ
秘所は完全に曝け出されたまま、秘芯から
ダラダラとだらしなく粘液を垂らしていました。

私は次に電マアタッチメントを装着し、
アタッチメントの突起を彼女の膣内に
押し込んでいきました。

「ううう…くうう…むうう…」
ミィさんは自分の体内に押し込まれるシリコンの
異物感に呻き声を上げながら身体を捩りました。
が、手脚を完全に拘束されて抵抗できず、
更に潤滑油の溢れた彼女の膣は、すんなりと
アタッチメントを飲み込んでいきました。

そして、私は何の前触れもなく電マの振動スイッチを
入れました。

「あおおっ!おおおっ!はおおっ!」
ミィさんは突然襲ってきた快楽の強烈な刺激に
激しく身悶えしながら喘ぎ声を上げました。

「ホラ、マ○コ気持ちいいだろう…」
私はグリグリと電マを回転させながら
彼女の秘粘膜を刺激しながら言いました。

「はううっ…ひおひいいえふ(気持ちいいです)
 おあんお、ひおひいいえふ(オマ○コ気持ちいいです)」
ミィさんは与えられる快楽に身体を震わせて
歓喜の声を上げ続けました。

「ホラ、もっと気持ちよくしてやるから喜べよ」
私はそう言いながら更に彼女の秘芯の奥を
電マの振動で刺激し続けました。

「はううっ!ひおひいい(気持ちいい)!
 おあんお、ひおひいい(オマ○コ気持ちいい)
 おあんおおくあひおひいい
(オマ○コの奥が気持ちいい)」
ミィさんは激しく身悶えしながら快楽に飲まれて
歓喜の声を上げ続けました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4571-8696e4ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック