FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ミィさん

※このお話を最初から読むには『尻尾アナル調教(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『尻尾アナル調教(特典画像)』まで。

**************************************************

身体を綿紐で菱縄で縛られ、首輪アイマスク
ギャグボールを嵌められたミィさんをベッドに
仰向けに寝かせると二本目の綿紐を解いて、
彼女の両脚を胡座の状態で固定し、足首と手首を
重ねるようにして縛りました。

そして、電マに装着したアタッチメント
膣に挿入して振動刺激を与えました。

「はううっ!ひおひいい(気持ちいい)!
 おあんお、ひおひいい(オマ○コ気持ちいい)
 おあんおおくあひおひいい
(オマ○コの奥が気持ちいい)」

彼女は与えられる強烈な振動刺激の快楽に
激しく身悶えしながら歓喜の声を上げました。

「そうか、気持ちいいか、ホラ、もっと喜べ」
私はそう言いながら更にアタッチメントを押し込み
先端で彼女の一番感じるポルチオを責めるように
振動刺激を与えました。

「あおおっ!ふごいっ(すごいっ)!
 おくあひおひいい(奥が気持ちいい)!」
ミィさんは身体を強く震わせながら
歓喜の叫び声を上げ続けました。

「ホラ、気持ちいいだろうが…」
私が更に快楽を与えられるように強く電マ
押し付けながらグリグリと回転させました。
その圧迫に反応するように膣奥に当たる感触が
私の手に伝わってきました。

「あおおっ!そこひおひいい(そこ気持ちいい)
 おあんおおくあ、ふごくひおひいい
(オマ○コの奥がすごく気持ちいい)
あああっ!おあひいうあう(おかしくなる)」
ミィさんは悲鳴のような叫び声を上げながら
顔を激しく左右に振って快楽に耐えていました。

「ああっ!おおおっ!ひいいっ!」
ミィさんは与えられる強烈な刺激を受けて
発狂したように言葉にならない嬌声を上げながら
全身をビクビクと痙攣させました。

私は彼女の絶頂が近付いていると見ると
更にポルチオに強い刺激を与えました。

「あおおっ!ひぎほう(逝きそう)!
 ごひゅひんはは、ひぎほうえふ
(ご主人様、逝きそうです)
 ひかへへくらはい(逝かせて下さい)」
ミィさんは今にも泣き出しそうな声で
私に許しを乞いました。

「フフン、マ○コ掘られて逝くのか、淫乱」
「ふぁい、ひぎはぐ(はい、逝きます)
 わらひあいんあんえぶ(私は淫乱です)
 ひかへへくらはい(逝かせて下さい)」
ミィさんは押し寄せる快楽の波に耐えかねて
必死で私に懇願してきました。

「ホラ、じゃあ逝けよ。逝っていいぞ」
「ああっ!あいがほうごあいあふ
(ありがとうございます)
 ひぎはぐっ!ひぐっ!ひぐうっ!
(逝きますっ!逝くっ!逝くうっ!)」
ミィさんはそう叫ぶと全身を強く痙攣させながら
身体を仰け反らせて一気にアクメに達すると
そのまま脱力してベッドに崩れ落ちて果てました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4572-bb2386d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック