FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ミィさん

※このお話を最初から読むには『尻尾アナル調教(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『尻尾アナル調教(特典画像)』まで。

**************************************************

身体を綿紐で菱縄で縛られ、首輪アイマスク
ギャグボールを嵌められたミィさんをベッドに
仰向けに寝かせると二本目の綿紐を解いて、
彼女の両脚を胡座の状態で固定し、足首と手首を
重ねるようにして縛りました。

そして、電マに装着したアタッチメント
膣に挿入して振動刺激で逝かせました。

ミィさんはアクメに達したあと力尽きた様子で
ハァハァと呼吸しながら呆然としていました。

「ホラ、まだまだ逝けるだろう…」
私はそう言いながら電マのスイッチを強にして
クリトリスに押し付けました。


「ぎゃああっ!」
ミィさんは再び襲ってきた強烈な振動刺激を受けて
身体を強く仰け反らせながら反応を示しました。

「ホラ、クリトリスも気持ちいいだろう…」
私は冷笑しながら電マを強く押し付けて
クリトリスを刺激するのと同時に、
アタッチメントを押し込んでポルチオにも
強い振動刺激を与えました。

「あああっ!ふごいっ!(すごいっ!)
 くいおあかお、ひおひいい(クリも中も気持ちいい)
 はがひぐっ(また逝くっ)!おおおっ!」
ミィさんはそう絶叫しながら最も敏感な2点に
強烈な振動刺激を受けてあっと言う間に
絶頂に達して果てました。

「フン、簡単に逝きやがって…
 まだまだ逝けるだろう…」
私は冷酷にそう言うと電マをグリグリと
回転させながら押し付け淫核とポルチオに
再び強烈な振動刺激を与えました。

「ひいいっ!ひおひいい(気持ちいい)!
 はがひぐっ(また逝くっ)!おおおっ!」
ミィさんは再び全身を仰け反らせると
ビクビクと痙攣させながら
一気に快楽の頂点に達して果てました。

「ハァハァ…ごひゅひんはは、おうらえれふ
(ご主人様、もうダメです…)
 はくけへくらはい(助けて下さい)…
 ゆうひへくらはい(許して下さい)…
 ハァハァ…」
ミィさんは強烈なアクメを何度も繰り返して
体力の限界に達した様子で、涙声で私に
許しを乞いました。

「フン、前から言ってるだろう…。
 やめろと言われてやめるようなヤツは
 Sじゃねぇんだよ」
私は冷酷にそう言いながら容赦なく彼女の
秘部に振動刺激を与え続けました。

「ひいいっ!らめえっ!(ダメえっ!)おおおっ!
 はがひぐっ(また逝くっ)!あおおっ!
 ひぐうっ!ひぐうっ!(逝くうっ!逝くうっ!)」
ミィさんは口に押し込まれたギャグボールから
大量の唾液の泡を噴き、全身を汗まみれにしながら
激しいアクメに連続で達し続けました。

「ああっ!もうらめっ!はくけへっ!
(もうダメ!助けてっ!)あああっ!
 ひぐっ!ひぐうっ!(逝くっ!逝くうっ!)」
ミィさんはは何度も絶叫しながら身体を痙攣させて
転属絶頂に達し続けました


つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4573-2f1e6612
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック