FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ミィさん

※このお話を最初から読むには『尻尾アナル調教(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『尻尾アナル調教(特典画像)』まで。

**************************************************

身体を綿紐で菱縄で縛られ、首輪アイマスク
ギャグボールを嵌められたミィさんをベッドに
仰向けに寝かせると二本目の綿紐を解いて、
彼女の両脚を胡座の状態で固定し、足首と手首を
重ねるようにして縛りました。

そして、電マに装着したアタッチメント
膣に挿入して振動刺激で連続で逝かせました。

ミィさんは狂ったように絶叫しながら
全身を痙攣させて何度もアクメに達しては果て
最後は失神したように動かなくなりました。

私はそのミィさんの姿を見て
(そろそろ限界だろう…)
と判断し、アタッチメントを外して
コンドームを被せたペニスを膣に押し込みました。



「あうう…はうう…」
シリコンとは異なる肉感を膣粘膜で感じながら
ミィさんは力無い声を漏らしました。

私はミィさんの脱力状態に構うことなく
腰を前後に動かして彼女の粘膜に摩擦刺激を
与えました。

「あうう…はああ…ううう…」
ミィさんは再び膣粘膜から全身に快楽が
駆け抜けてゆく感覚に甘い喘ぎ声を上げました。

「ホラ、何とか言ってみろよ…」
私は腰を律動させながらミィさんの頭を小突き
反応を促しました。

「あうう…ひおひいいえふ(気持ちいいです)」
ミィさんは脱力して呆然とする中で
振り絞るようにやっと答えました。

「マ○コ気持ちいいのか?」
「ううう…ふぁい、ひおひいいえふ
(はい、気持ちいいです)ううう…
 おあんお、ひおひいいえふ
(オマ○コ気持ちいいです)」
ミィさんは促された通りに答えながら
与えられる粘膜摩擦の快楽に歓喜していました。

「フン、あれだけ逝ったのにまだ気持ちいいのか。
 お前は本当にマ○コ好きな淫乱だな」
「あうう…ふぁい、らいふきえふ
(はい、大好きです)
 わらひあ、おあんおらいふきあいんあんえふ
(私はオマ○コ大好きな淫乱です)
 ごしゅひんはは、ほっほいきはいえふ
(ご主人様、もっと逝きたいです)」
ミィさんは煽られた通りに自分で自分を貶め
その被虐的な言葉で更に興奮を高めつつ
快楽を求めました。

「ホラ、じゃあ逝っていいぞ。マ○コ掘られて逝けよ」
私がそう言って強いストロークで膣を突き上げると
「あああっ!ひおひいい(気持ちいい)!
 おあんおひおひいい(オマ○コ気持ちいい)!
 はああっ!ひぐっ!ひぐうっ(逝くっ!逝くうっ)」
とミィさんは叫び声を上げながら身体を硬直させて
再びエクスタシーに達して果てました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4574-25afde60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック