FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ミィさん

※このお話を最初から読むには『尻尾アナル調教(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『尻尾アナル調教(特典画像)』まで。

**************************************************

身体を綿紐で菱縄で縛られ、首輪アイマスク
ギャグボールを嵌められたミィさんをベッドに
仰向けに寝かせると二本目の綿紐を解いて、
彼女の両脚を胡座の状態で固定し、足首と手首を
重ねるように縛り、電マに装着したアタッチメント
膣に挿入して振動刺激で連続で逝かせました。

そして、振動刺激での連続アクメのあと、
充分に潤った彼女の膣にコンドームを装着した
ペニスを押し込み激しく突き上げて逝かせました。

「ホラ、まだまだ逝けるだろ」
私はそう言うと彼女の重ねて縛られた手首と足首を
持ち上げるようにして屈曲姿勢を取らせ増した。

彼女の腰が浮き上がり秘所が上へ突き出されると
私はそこへ恥骨を押し付けるようにして
肉茎を彼女の膣の更に奥へと押し込みました。


「あおおっ!おぐあひおひいい(奥が気持ちいい)
 おぐいぐいぐいああう(奥にグリグリ当たる)
 おあんおおく、ひおひいい
(オマ○コの奥、気持ちいい)」
ミィさんは顔を激しく左右に振って発狂したように
歓喜の声を上げました。

「ホラ、ここが好きなんだろうが」
私はそう言いながら彼女の弱点である
子宮頸のコリコリした部分を肉棒の先端で
激しく突き上げました。

「あおおっ!そこ、ひおひいい(そこ気持ちいい)
 おおおっ!そこらいふき(そこ大好き)!
 おおおっ!はがひぐっ(また逝くっ)!」
ミィさんは激しく弱点を攻撃されると
抵抗する間もなく簡単に絶頂に昇り詰めました。

「フフン、マ○コ好きの淫乱は簡単に逝くな」
「ううう…ふぁい、おあんおらいふきえふ
(オマ○コ大好きです)…ううう…
 わらひあ、おあんおらいふきあいんあんえふ
(私はオマ○コ大好きな淫乱です)」
「そんなにマ○コの奥が好きならもっとしてやる」
「ううう…ふぁい、あいあほうごあいあふ。
(はい、ありがとうございます)
 ほっほいきはいえふ(もっと逝きたいです)
 ほっほおあんお、おくへえてくらはい。
(もっとオマ○コの奥、責めて下さい)」

私はミィさんの言葉に応えるように
ポルチオにガツガツと肉棒での打撃を与えました。

「あああっ!ふごいっ!(すごいっ!)
 おあんお、おくひおひいいっ!
(オマ○コの奥、気持ちいいっ!)
 あおおっ!はがひぐっ(また逝くっ)!」
ミィさんの快楽の高まりはブレーキが壊れたように
止まることなく何度もアクメに達しました。

「ホラ、もっと逝けよ、淫乱マゾ女」
「あああっ!ひぐうっ!(逝くうっ!)
 おおおっ!はがひぐうっ!(また逝くうっ!)」
ミィさんは女芯の奥深くを突き上げられながら
何度も脳内麻薬を分泌させて快楽の頂点に達し
狂ったように連続して歓喜し続けました。

「あああっ!おおおっ!あおおおっ!」
ミィさんは最後は既に人間としての自我を失い
ただただ快楽を享受する肉の塊に堕ちていき
人間の言葉ではない本能のままのケダモノのような
咆哮をあげながらアクメに達し続けました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4575-baac91b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック