FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ミィさん

※このお話を最初から読むには『尻尾アナル調教(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『尻尾アナル調教(特典画像)』まで。

**************************************************

身体を綿紐で菱縄で縛られ、首輪アイマスク
ギャグボールを嵌められたミィさんをベッドに
仰向けに寝かせると二本目の綿紐を解いて、
彼女の両脚を胡座の状態で固定し、足首と手首を
重ねるように縛り、電マに装着したアタッチメント
膣に挿入して振動刺激で連続で逝かせました。

そして、振動刺激での連続アクメのあと、
充分に潤った彼女の膣にコンドームを装着した
ペニスを押し込み激しく突き上げて逝かせました。

「あああっ!おおおっ!あおおおっ!」
ミィさんは最後は既に人間としての自我を失い
ただただ快楽を享受する肉の塊に堕ちていき
人間の言葉ではない本能のままのケダモノのような
咆哮をあげながらアクメに達し続けました。

彼女が絶頂に達するたびに全身が強く痙攣し、
その痙攣に合わせるように括約筋と膣が
私の肉棒を締め付けるように収縮しました。

「おおお…いいぞ、マ○コよく締まるな…」
私は彼女の膣の痙攣するような断続的収縮を
強く感じながらそう言いました。

「ああ…あうう…おうう…あおう…」
ミィさんは言葉にならない呻き声を上げ続けながら
更に何度もアクメに達しながら膣粘膜を収縮させました。

私はその強い圧迫感で興奮が高まるのを感じると
自ら快楽を求めるように腰の律動を速めていきました。

「おおっ…いいぞ…逝きそうだ…」
私も自らの欲望が爆発する感覚を感じながら
自分自身が最も快楽を得られる部分を摩擦するよう
腰を激しく動かしました。

「あああ~…ひっへくらはい(逝って下さい)…
 へふいうおおあんおえ、ひっへくらはい…
(メス犬のオマ○コで逝って下さい…)
 へふいうおおあんお、ふかっへくらはい…
(メス犬のオマ○コ使って下さい…)」
ミィさんはそう言いながら何度も絶頂に達し続け
その痙攣に合わせて膣粘膜を締め付けました。

「おおっ!逝くぞ…逝くぞっ!」
私はそういうと彼女の一番奥深いところまで
肉棒を押し込んで、粘膜の圧迫感を感じながら
欲望を爆発させるように白濁液を放ちました。

そして、脱力したまま彼女に覆いかぶさり
激しく呼吸しながら呆然としていました。

私はしばらく息を整えた後に彼女の膣から
ペニスを引き抜いてコンドームを外しました。

そして、彼女の口のギャグボールを取り外すと
無防備に開いた彼女の口に肉棒を押し込みました。

「ホラ、掃除しろ…」
「むふうっ…ううう…ふぁい(はい)…ううう…」
彼女は苦しそうに呻きながらも私に命じられて
舌を肉棒に絡め始めました。
そして、肉棒に付着した精液と愛液の混合粘液を
舌で丁寧に舐め取っていきました。

私は彼女の舌の動きに合わせるように
腰を突き出して彼女の喉奥に肉棒を
押し込みながら掃除をさせました。
彼女は苦しみながらも私の欲求に応えるように
必死で肉棒に付着した粘液を舐め取っていました。

私はその様子を見つめながらサディズティックな
満足感を感じていました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4576-5e23e22d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック