FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

※このお話を最初から読むには『緊縛快楽責め(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『緊縛快楽責め(特典画像)』まで。

**************************************************

前回の調教の後、マキさんから日々プラグによる
アナル拡張の報告とオナニーの報告がメールで
送られてきました。

その中で彼女から…

> 指でのオナニーが物足りない

という希望があったので、次回の調教時に
バイブディルドを買い与えることにしました。

彼女は新しいオナニーの道具に喜びながら
次回の調教日程を決めました。

私は彼女の希望に合わせて調教用のホテルを
予約すると、事前にバイブディルド
用意して彼女との調教に臨みました。


調教当日、私が待ち合わせの前にマキさんに…

> 今日もノーパンでプラグを入れてこい。
> お前は露出でも興奮する変態だろうから
> その方が嬉しいだろう。

とメールで命令を送っておきました。

> はい、かしこまりました、ご主人様。
> 今日もアナルにプラグを入れて参ります。
> 前回の調教の時を思い出して濡れてしまいそうです。

と、マキさんからは素直な返信が送られてきました。

> そうだよな。
> お前は前回は来るまでの間にスカートに
> ベットリとマ○コ汁つけてきたからな。
> 今日は前回よりももっと変態度が増してるから
> 淫乱なお前は前回よりもマ○コ汁が出るだろう。

私が更に彼女の被虐心を煽るようなメールを送ると

> ご主人様、ありがとうございます。
> ご主人様に調教していただいて、露出で興奮する
> ことができるようになりました。
> 今日もドキドキしながらノーパンで行きます。

彼女は自分自身の変化に気付いている気付いている
様子で答えました。

待ち合わせ場所に到着するとマキさんは既に
到着して私を待っていました。
どこか表情が虚ろで上気した様子で、
ボーッとした雰囲気で周囲を見ていました。

「おはよう」
私が彼女に声を掛けると…
「あ、ご主人様、おはようございます」
と意識を取り戻した様子で答えました。

「どうした?」
私が彼女の様子を見て訊ねると…
「あ、あの…今日はプラグを入れてきたので…
ちょっと興奮したのと恥ずかしいのとで…」
と力の抜けた感じで答えました。

「フフフ…そうか。じゃあ、プラグだけでなくて
 もっと興奮できるように調教しないとな」
私がそう言って笑うと…
「はい、ご主人様、ありがとうございます。
 今日の調教も楽しみにしています」
と彼女は嬉しそうに答えました。

そして、私達はそのまま予約しているホテルへ
向かって歩き出しました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4580-6e83674d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック