FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

※このお話を最初から読むには『緊縛快楽責め(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『緊縛快楽責め(特典画像)』まで。

**************************************************

調教当日、私達はホテルの部屋に入ると
私はいつものように一番奥のソファに座り
持参した調教道具を取り出し準備を始めました。

そして、彼女にには服を脱ぐように命じ、
ノーパンでブラジャーだけの姿にすると
私の目の前で四つん這いになってお尻を向けさせ
アナルに入れてきたプラグを見せるように
命じました。

続けて、彼女の既に愛液が溢れ出た膣に
持参したディルドを押し込んで
彼女にオナニーするように命じました。

マキさんは歓喜の声を上げながら
シリコンの疑似棒で粘膜を抉られる快感に
身体を震わせていました。

「ホラ、ちゃんと自分でマ○コ掘ってみろ」
私は彼女のそう厳しく言い、再びお尻を
平手打ちしてオナニーを促しました。

「ひいっ!気持ちいいです、ご主人様っ!
 オマ○コ気持ちいいです!」
マキさんはそう答えながら、自らの手で
ディルドを前後に激しく律動させて
自分の秘部を慰めていました。

「フン、そんなにマ○コ掘るのが好きか、淫乱女」
私は彼女の羞恥心と被虐心を煽るように
言葉を与えながら、プラグを動かして
直腸粘膜にも同時に刺激を与えました。

「あああ…大好きです…あうう…
 私はオナニーが大好きな淫乱です…
 オマ○コ気持ちいいです…あうう…」
マキさんは愛液の粘着質なジュボジュボという
卑猥な音を秘所から立てながらディルド
前後律動させて快楽を貪っていました。

「フン、マ○コとケツの穴で喜ぶ淫乱の変態だな」
「あうう…はい、私は淫乱の変態です…
 オマ○コとお尻の両方が気持ちいいです」
マキさんは私の言葉で被虐的な興奮を感じながら
更にディルドの動きを速めて自らの穴を
慰めていました。

「あああ!気持ちいいです、ご主人様っ!
 オマ○コが気持ちいいです!あああ!
 ご主人様、逝きそうです、逝きそうです」
マキさんはそう言いながら自らの穴を掘る
手の動きを速めていきました。

「フン、自分でオナニーしてる姿を見られて
 恥ずかしくないのか、この淫乱女!」
私はそう言って彼女のお尻を平手打ちしました。

「ひいっ!恥ずかしいです!」
「フン、本当に恥ずかしいのか?違うだろう!」
マキさんの答えに更に言葉を促すように
私は彼女のお尻に平手打ちを浴びせながら
プラグを動かし直腸にも快楽を与えました。

「ひいいっ!嬉しいです、ご主人様っ!
 オナニーを見られて恥ずかしいのが嬉しいです!」
マキさんは羞恥心を爆発させるように
歓喜の叫びを上げてました。

「フン、オナニーを見られて喜びながら逝くのか。
 この露出狂の変態の淫乱女!」
私は彼女の屈辱感と羞恥心を更に強く煽りながら
お尻への苦痛とプラグでの快楽をを与えました。

「ああっ!嬉しいですっ!オナニーを見られて
 恥ずかしいのが嬉しいですっ!
 ご主人様に逝くところを見られたいです!
 私は恥ずかしいことを見られて喜ぶ
 変態の淫乱です!」
マキさんは自らを貶めることで更に興奮を高め
一気に快楽の頂点に昇り詰めていきました。

「ホラ、じゃあ逝っていいぞ」
私は彼女のお尻を平手打ちしながら許可を与え、
彼女が逝きやすいようにプラグでの刺激も
与え続けました。

「あああ!ありがとうございます、ご主人様!
 逝きますっ!逝きますうっ!」
マキさんはそう叫ぶと全身をビクビクと痙攣させ
一気に昇天して果ててグッタリと床に崩れ落ち
そのまま動かなくなりました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4583-8b692809
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック