FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

※このお話を最初から読むには『緊縛快楽責め(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『緊縛快楽責め(特典画像)』まで。

**************************************************

調教当日、私達はホテルの部屋に入ると
私はいつものように一番奥のソファに座り
持参した調教道具を取り出し準備を始めました。

そして、彼女にには服を脱ぐように命じ、
ノーパンでブラジャーだけの姿にすると
私の目の前で四つん這いになってお尻を向けさせ
アナルに入れてきたプラグを見せるように
命じました。

続けて、彼女の既に愛液が溢れ出た膣に
持参したディルドを押し込んでオナニーさせて
最初に逝かせました。

マキさんはエクスタシーに達して床に崩れ落ち
うつ伏せのままグッタリと脱力してハァハァと
短く呼吸していました。

「よし、次だな…」
私はそう言って立ち上がると床に転がっていた
リードを手に取り、首輪を強く引き上げました。

「うぐうっ…ううう…」
マキさんは首輪を強く引き上げられて呻きながら
ヨロヨロと身体を起こしました。

「ホラ、グズグズするなよ…」
「ううう…申し訳ございません、ご主人様…」
私は脱力したマキさんの頭を軽く小突くと、
彼女は力無く涙交じりの声で答えました。
そして、私は容赦なく彼女を四つん這いにして、
首輪で引きずるようにベッドに上がらせました。

マキさんはベッドの上で仰向けになると
呆然とした表情で虚ろな視線を天井に向けて
脱力していました。

私は彼女に新しく用意してきたバイブを手渡すと
「ホラ、これでオナニーしろ」
と厳しい口調で命じました。

「ああ…はい、かしこまりました、ご主人様…」
マキさんは脱力したまま掠れた声で答えると
バイブを手に取ってスイッチを入れました。

ヴーンという振動音が響き始めたところで
彼女は自らの潤った粘膜穴に宛がって
ゆっくりと中に押し込んでいきました。

「あぁ~…はぁ~…はうう~…」
マキさんは甘い喘ぎ声を漏らしながら、
身体の中で蠢くシリコンの感触を楽しんでいる
様子でした。

私は再びソファに座ると、マキさんが自らを
慰める様子を冷淡に見つめていました。

「ホラ、黙ってたらつまらないだろう。
 お前一人で楽しんでどうする」
私がそう言ってマキさんに促すと…
「あぁ~…ご主人様、申し訳ございません…
 すごく気持ちいいです…ううう…。
 オマ○コの中がすごく気持ちいいです…。
 ご主人様、新しいバイブを下さって…
 ありがとうございます。」
マキさんはそう言いながら自分の一番感じる部位に
バイブが当たるように動かし続けました。

「フフン、指と違ってバイブは気持ちいいだろう。
 お前は淫乱だから指では物足りないんだからな」
私は更に彼女の羞恥心と被虐心を煽るように言うと…
「ああ…はい、ご主人様…わたしは淫乱です…。
 指と違ってバイブは太くて気持ちいいです…。
 オマ○コの中の気持ちいいところに当たります」
マキさんはそう言いながら更にバイブを回転させたり
前後に抽挿させたりしながら、自らの身体の奥の
快楽を得られる部位を慰め続けました。

「フフン、オナニー見られて嬉しいか…」
「ああ~…はい、嬉しいです、ご主人様…
 恥ずかしいのが…嬉しいです…あうう…」
彼女はオナニーを見られることで露出的な羞恥心を
更に興奮に昇華させていく様子でした。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4584-ffad1f48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック