FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

※このお話を最初から読むには『緊縛快楽責め(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『緊縛快楽責め(特典画像)』まで。

**************************************************

調教当日、私達はホテルの部屋に入ると
私はいつものように一番奥のソファに座り
持参した調教道具を取り出し準備を始めました。

そして、彼女にには服を脱ぐように命じ、
ノーパンでブラジャーだけの姿にすると
私の目の前で四つん這いになってお尻を向けさせ
アナルに入れてきたプラグを見せるよう命じ、
続けて、彼女の膣にディルドを押し込んで
オナニーさせて最初に逝かせました。

更に、彼女をベッドに上げて仰向けで寝かせて
新しいバイブを与えてオナニーさせました。

彼女は歓喜の声を上げながら振動するバイブ
回転させたり前後に抽挿させたりしながら
自らの体内の最も感じる部分を慰め続けました。

私はその様子を少し離れたソファに座って
冷静な視線で見つめていました。

「ホラ、黙ってたら面白くないだろう」
私が彼女に言葉を促すように命じると…
「ああ…気持ちいいです。オマ○コ気持ちいいです。
 ご主人様、バイブが太くて奥に届いて…
 オマ○コがすごく気持ちいいです…」
と、嬉しそうに答えながら、彼女は更に自分の
身体の奥を掻き回すように刺激しました。

「フフン、マ○コの奥も気持ちいいだろう。
 淫乱のお前は指のオナニーでは
 物足らなくて満足できなかったんだからな」
「あああ…はい、ご主人様、ありがとうございます。
 私は淫乱なので指では物足りなかったです。
 バイブはすごく気持ちいいです」
「お前は露出狂だからオナニー見られて嬉しいか」
「あああ…嬉しいです、ご主人様…
 ご主人様にオナニーを見られて恥ずかしいのが
 嬉しいです…あうう…」
マキさんは自分で言葉を発することで自分自身の
興奮を更に高めている様子でした。

そして、興奮が高まるほどに愛液の分泌量が増え
振動するバイブに絡み付きながら白く泡立ち
ビチャビチャという卑猥な音を立てました。

「淫乱のマ○コ汁がビチャビチャいってるぞ」
「あああ…恥ずかしいです…ご主人様…ううう…
 いっぱいお汁が出ているのが恥ずかしいです…」
「フン、恥ずかしいならやめてもいいぞ」
「あうう…ご主人様、ごめんなさい…ううう…
 嬉しいです。恥ずかしいのが嬉しいです」
マキさんは羞恥心を更に興奮に昇華させていきました。

「あぁ~…ご主人様、逝きそうです…
 気持ちよくて…恥ずかしくて…嬉しくて…
 また逝っちゃいそうです…あああ…」
マキさんは顔を仰け反らせながら声を震わせて
再びアクメへと昇り詰めていく様子でした。

「フフン、バイブでオナニーするのを見られながら
 興奮して逝くのか、変態露出狂女」
私はマキさんの被虐心と羞恥心を更に煽るように
嘲るような言葉を投げかけました。

「あああ…はい、逝きそうです、ご主人様…。
 バイブで気持ちよくなって、オナニーを見られて
 恥ずかしくて、嬉しくて…逝きそうです…」
「フン、じゃあ逝っていいぞ、淫乱の変態露出狂女」
「あああ!ありがとうございます。嬉しいです。
 変態露出狂女になれて嬉しいです。あああ!
 ご主人様、逝きます!逝きますっ!」
マキさんはそう叫ぶと両脚をガクガクと震わせながら
全身を痙攣させて絶頂に達して果てました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4585-20a33df6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック