FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

※このお話を最初から読むには『緊縛快楽責め(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『緊縛快楽責め(特典画像)』まで。

**************************************************

私達はホテルの部屋に入り一番奥のソファの前で
マキさんをノーパンでブラジャーだけの姿にして
床に四つん這いになさせてお尻を向けさせ
アナルに入れてきたプラグを見せるよう命じ、
彼女の膣にディルドを押し込んでオナニーさせて
最初に逝かせました。

続けて、彼女をベッドに上げて仰向けで寝かせて
新しいバイブを与えてオナニーさせて逝かせました。

マキさんはバイブでの絶頂のあと、呆然としたまま
天井を虚ろな目で見つめながらハァハァと短く
呼吸していました。

私はソファから立ち上がるとゆっくり彼女に近付き
彼女の秘唇に刺さったままのバイブを掴んで
グイグイと掻き回すように動かしました。

「あああ!あああ!あああ!」
マキさんは突然襲ってきた激しい振動刺激に
叫び声を上げながら反応しました。


「ホラ、まだまだ逝けるだろう…」
私は冷徹な口調でそう言いながらバイブで彼女の
身体の奥を激しく掻き回しました。

「あああ!ひいいっ!逝くっ!逝くうっ!」
マキさんはそう絶叫すると脚をブルブル震わせて
全身を痙攣させながらアクメに達しました。

「なんだよ、もう逝ったのかよ、早いな…。
 でも、まだまだ逝けるだろう…」
私はあっと言う間の絶頂で呆然としている彼女に
容赦なく快楽の第二波を与えました。

「あああ!ダメェっ!あああ!あああ!」
マキさんは再び襲ってきた強烈な振動刺激を受けて
発狂したように叫びました。

「フン、いつものオナニーじゃ物足りないんだろう。
 いつもより逝かせてやるから喜べよ」
私は冷酷にそう言いながら更に激しくバイブ
彼女の膣奥に叩き付けるように抽挿しました。

「あおおっ!奥が気持ちいいですっ!
 オマ○コの奥が気持ちいいですっ!
 あああ!また逝きそうですっ!逝きますっ!」
マキさんは狂ったように叫び続けながら
全身をブルブルと震わせて痙攣させ続けて
連続的に絶頂へと昇り詰めました。

「ホラ、満足いくまで何度でも逝けよ」
私は彼女の肉体に更に激しい負荷を掛けるように
バイブを膣奥に押し込み、彼女の粘膜を激しく
責め続けました。

「あああ!もうダメえっ!また逝くうっ!
 あっ!ああっ!逝くうっ!また逝くうっ!」
マキさんは狂ったように身体をのたうち回らせ
腰を激しく浮かせながら脚を痙攣させて
ブレーキが壊れたように自分自身の快楽の暴走に
飲み込まれていく様子でした。

「フン、淫乱の変態女はまだまだ物足りないだろう。
 思う存分満足するまで何度でも逝っていいぞ」
私は意地悪くそう言いながら、彼女を何度も
エクスタシーに追い込み続けました。

「ああっ!逝くっ!あおおっ!また逝くうっ!
 あああ!逝くーっ!おおおーっ!」
マキさんは絶叫し続けながら全身を硬直させ
何度も両脚を痙攣させながら、快楽の頂点に
連続的に達し続けていました。

つづく



FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4586-2a05dde6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック