FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

※このお話を最初から読むには『緊縛快楽責め(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『緊縛快楽責め(特典画像)』まで。

**************************************************

私達はホテルの部屋に入り一番奥のソファの前で
マキさんをノーパンでブラジャーだけの姿にして
床に四つん這いになさせてお尻を向けさせ
アナルに入れてきたプラグを見せるよう命じ、
彼女の膣にディルドを押し込んでオナニーさせて
最初に逝かせました。

続けて、彼女をベッドに上げて仰向けで寝かせて
新しいバイブを挿入して連続的に逝かせました。

私は続けてバイブのクリトリス用の突起を振動させ
彼女の包皮に包まれた陰核に押し当てました。

「ぎゃああっ!」
彼女は充血して膨らんだクリトリスに振動刺激の
直撃を受けると耐えかねたように悲鳴を上げました。

「ホラ、オナニーの物足りない淫乱女には
 こういう刺激が嬉しいだろう」
私はそう言いながらバイブをグリグリと押し付け
膣奥と陰核の両方に強烈な快楽を与えました。


「ひいいっ!逝くうっ!逝くうっ!」
マキさんは陰核への強烈な振動刺激に耐えきれず
あっと言う間にアクメに達しました。

「ケッ、もう逝きやがったか…。早すぎるだろう。
 ホラ、もっと逝ってみろ…」
私は容赦なく更に強い刺激を陰核に与えながら
バイブをグリグリと回転させ膣奥を責め続けました。

「あああっ!ダメエっ!また逝くうっ!逝くうっ!
 あああーっ!逝くっ!あああっ!逝くうっ!」
マキさんは声をからして叫び続けながら
連続的に絶頂に達し続けました。

「フフン、物足りなく感じないように逝っておけよ。
 淫乱女はまだまだ逝けるはずだからな」
私はそれでも彼女を責める手を緩めることなく
彼女の陰核と膣奥を責め続けました。

「あああっ!逝くうっ!あおおっ!おおおーっ!
逝くっ!逝くっ!逝くうっ!おおおーっ!」
彼女は全身から汗を吹き出し、口からは泡を吹き、
涙を流しながら、全身グチョグチョの状態で
身体を震わせ続けて逝き続けました。

秘裂からは大量の愛液が溢れて、その粘液が
バイブの振動によって泡立ち、彼女の秘唇を
真っ白にしながらジュブジュブと卑猥な音を
立て続けていました。

「あああっ!おおおーっ!あおおっ!はおおっ!」
マキさんは既に人間の言葉を失った様子で
ケダモノのような咆哮を上げ続けながら
何度もエクスタシーに達し続けていました。

白目を剥き意識は飛んで自我が崩壊した様子で
ただただ与えられる肉体的な快楽を受け続け、
延々と脳内麻薬を分泌させ続けながら
快楽の世界に漂い続けている容姿でした。

私はそれでも容赦することなく、
彼女の陰核に更に痛打を与えるようバイブを押し付け
同時に膣奥も強く掻き回しました。

「ぎゃああっ!」
マキさんは断末魔の叫び声を上げると
全身を硬直させながら仰け反らせてピクピクと震わせ
一瞬息を止めたように痙攣すると、
そのままベッドに脱力して崩れ落ちました。

そして、ハァハァと激しく呼吸しながら
時折ピクッ、ピクッと身体を震わせて
意識を失って動かなくなりました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4587-04a2d0c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック