FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

※このお話を最初から読むには『緊縛快楽責め(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『緊縛快楽責め(特典画像)』まで。

**************************************************

マキさんを全裸にしてソファに座らせ、
両脚をM字に開脚させた形で右手首と右足首、
左手首と左足首をそれぞれ綿紐で縛り、
更に、腕を脚に添えるように縛り付け固定し、
アイマスク開口枷を嵌めました。

その上で、膣に人差し指と中指を入れて掻き回し
親指ではクリトリスを圧迫し、アナルのプラグ
出し入れしながら快楽刺激を与えて逝かせました。

私は再びエクスタシーに達してグッタリしている
彼女のヴァギナに電マ装着用のアタッチメント
を押し込みました。

「ひああっ!…むうう…ううう…」
マキさんは突然異物を押し込まれた不安と恐怖で
驚きの声を上げながら身体を強ばらせました。


「フフン、お前は指では物足りないんだろう。
 なので、もっと強烈な刺激をやろう」
私はそう言って電マの振動スイッチを入れました。

「ああああ!あおおおっ!おおおーっ!」
マキさんは電マの振動に合わせるように声を上げ
与えられる粘膜への快楽刺激に仰け反りました。

「オラ、指よりも気持ちいいだろうが。
 もっと喜べよ、淫乱の変態女」
私は彼女の興奮を煽るように蔑みの言葉を与えて
電マをグイグイと押し付け、アタッチメント
膣内とクリトリスを刺激しました。

「はおおっ!おおおーっ!あおおおっ!」
マキさんは開口栓で言葉を封じられたまま
ただひたすらに呻き声を上げながら身体を捩って
必死に襲い来る快楽に耐えていました。

「ホラ、もっと気持ちよくしてやるよ」
私はそう言って彼女のクリトリスを保護している
包皮を剥き真っ赤に充血して膨らんだ陰核に
アタッチメントの突起を押し当てて
敏感な肉豆にダイレクトに振動刺激を与えました。

「おおおーっ!ひぐうっ!ひぐうっ!
(逝くうっ!逝くうっ!)」
マキさんは強烈な電マの振動の直撃を受けると、
絶叫しながら全身を仰け反らせて
一気にエクスタシーに達して果てました。

「フフン、淫乱女はまだまだ逝けるだろう…」
私はそう言いながら更にアタッチメントを押し当て
膣内とクリトリスに強い振動刺激を与えました。

「あおおおっ!ひぐっ!はがひぐっ!
(逝くっ!また逝くっ!)おおおーっ!」
マキさんは絶叫しながら何度も身体を痙攣させて
連続で絶頂に達し続けました。

「ホラ、心ゆくまで逝っていいぞ。
 物足りないと思わないように
 思う存分逝っていいぞ、この淫乱の変態女…」
私はそう言って間断なく彼女の秘所を
電マで責め続けました。

彼女の秘裂からはダラダラと粘液が溢れ出て
アタッチメントに絡まり、白く泡立ちながら
ジュブジュブと卑猥な音を立て続けていました。

「あああっ!ひぐっ!はがひぐっ!ひぐうっ!
(逝くっ!また逝くっ!逝くうっ!)」
彼女は何度も叫びながらブレーキが壊れたように
エクスタシーに達し続けていました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4589-4ce18abc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック