FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

※このお話を最初から読むには『緊縛快楽責め(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『緊縛快楽責め(特典画像)』まで。

**************************************************

マキさんを全裸にしてソファに座らせ、
両脚をM字に開脚させた形で右手首と右足首、
左手首と左足首をそれぞれ綿紐で縛り、
更に、腕を脚に添えるように縛り付け固定し、
アイマスク開口枷を嵌めました。

その上で、膣に人差し指と中指を入れて掻き回し
親指ではクリトリスを圧迫し、アナルのプラグ
出し入れしながら快楽刺激を与えて逝かせた後、
更に続けて彼女のヴァギナに電マ装着用の
アタッチメントを挿入して連続で逝かせました。

彼女の秘唇は連続絶頂で小刻みに震えながら、
括約筋はピクピクと窄まって蠢いていました。

私は電マを彼女の秘部に押し当てて陰核と膣内を
刺激し続けたまま、彼女のアナルに押し込まれた
プラグを摘まんで出し入れを再開しました。

「おぐうっ!おううっ!あおうっ!」
マキさんは顔を仰け反らせながら叫び声を上げ
全身をバタつかせながら激しく反応しました。

「フン、マ○コだけじゃなくケツも気持ちいいだろう」
私はそう言いながらマキさんの膣とクリトリスを
電マで刺激しながら、アナルのプラグを抜き差しし
括約筋に圧迫刺激と直腸に摩擦刺激を与えました。

「マ○コだけじゃ物足りなくてケツも掘られたいか、
 この変態の淫乱マゾ女」
私はそう彼女の被虐心を煽りながら、
アナルのプラグをズポズポと抽挿し続けました。

「あおおっ!ひおひいいっ!(気持ちいい!)
 おあんおおああうあひおひいいっ!
(オマ○コとアナルが気持ちいいっ!)」
マキさんは両穴に与えられる刺激に快楽を得ながら
激しい歓喜の叫び声を上げました。

「ホラ、変態、もっとケツで喜べよ」
「あああっ!うえひいっ!(嬉しいっ!)
 ああうあひおひいいっ(アナルが気持ちいいっ!)」
「フフン、ケツが気持ちいいのか、変態マゾ女」
「あああっ!ひおひいいえふっ!(気持ちいいですっ!)
 おひいあひおひいいえふ(お尻が気持ちいいです)
 わらひあおひいえかんひうへんはいえふっ!
(私はお尻で感じる変態ですっ!)」
マキさんは自らを貶めながら興奮を更に高め
エクスタシーに近付いていく様子でした。

「もっと気持ちよくなりたいんだろうが、淫乱女」
私はそう言いながら電マを更に強く押し付け、
膣とクリトリスにも強烈な快楽を与えながら
アナルにもプラグの快感を与え続けました。

「あおおおっ!いいっ!ひおひいいっ!
(気持ちいいっ!)あおおおっ!」
マキさんは開口枷からダラダラとヨダレを垂らし
髪を振り乱しながら激しく歓喜し続けました。

「あああっ!ひぎほうえふ(逝きそうです)
 ああうえひぎほうえふ(アナルで逝きそうです)」
マキさんは今にも泣きそうな声を上げながら
排泄器官の快楽でエクスタシーに達してしまう
自虐感に興奮している様子でした。

「フフン、ケツで逝くのか、変態マゾ女。
 じゃあそのままケツの穴で逝けよ」
私はそう言うとアナルにプラグを激しく抜き差しし
更に強い刺激を与えました。

「はああっ!ひぐうっ!(逝くうっ!)
 おひいえひぐうっ!(お尻で逝くうっ!)
 あおおおっ!ひぐうっ!(逝くうっ!)」
マキさんはアナルへの強烈な刺激を受けて、
激しく絶叫しながら全身を痙攣させて
両脚をブルブルと震わせながら
一気に快楽の頂点に昇り詰めて果てました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4590-f89bf0a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック