FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

※このお話を最初から読むには『緊縛快楽責め(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『緊縛快楽責め(特典画像)』まで。

**************************************************

マキさんを全裸にしてソファに座らせ、
両脚をM字に開脚させた形で右手首と右足首、
左手首と左足首をそれぞれ綿紐で縛り、
更に、腕を脚に添えるように縛り付け固定し、
アイマスク開口枷を嵌めました。

その上で、膣に人差し指と中指を入れて掻き回し
親指ではクリトリスを圧迫し、アナルのプラグ
出し入れしながら快楽刺激を与えて逝かせた後、
更に続けて彼女のヴァギナに電マ装着用の
アタッチメントを挿入し、プラグを出し入れしながら
二穴を同時に責めて連続絶頂を与えました。

数え切れないほどのアクメを経たマキさんは
完全に自我を失った状態で呆然としたまま
ハァハァと激しく呼吸しながら脱力して
動かなくなっていました。

私は素早くペニスにコンドームを被せると、
無防備に曝け出されたマキさんのヴァギナに
一気に押し入っていきました。

「おううっ!あおおおっ!」
マキさんは膣粘膜を再び押し広げられる感覚に
歓喜の声を上げました。
既に何度もエクスタシーに達している膣粘膜は
充分すぎるほど潤い、充血して敏感になった
粘膜は肉棒の摩擦刺激を甘受しながら、
その快楽信号を彼女の脳に送り続けました。

「はおおっ!ひおひいいっ!(気持ちいいっ!)
 おあんおひおひいい(オマ○コ気持ちいい)!」
マキさんは感じられる粘膜の快楽を受け止めながら
歓喜の声を上げ続けました。

「フフン、マ○コ気持ちいいか、淫乱女。
 指じゃなくてチ○ポが欲しかったんだろう」
私が彼女の膣を突き上げながら言うと…
「はううっ!おあんおひおひいいえふ
(オマ○コ気持ちいいです)、あううっ!
 ごひゅひんはあおおひんひんほしいかはえふ
(ご主人様のオチ○チン欲しかったです)
 ごしゅひんははおおひんひん、らいふきれふ
(ご主人様のオチ○チン大好きです)」
と、彼女は肉棒を与えられたことの喜びを
素直に感じながら快楽を得ている様子でした。

「フフン、チ○ポ大好きな淫乱女を
 もっと喜ばせてやるよ」
私はそう言いながら更に腰のストロークを強め
激しく膣内を突き上げました。

「あああっ!おあんおひおひいい
(オマ○コ気持ちいい)!
 おひんひんひおひいいっ!
(オチ○チン気持ちいいっ!)」
マキさんは与えられる肉棒の愉悦に喜び
更に貪欲に快楽を求めようと、私の腰の動きに
合わせるように自ら腰を突き出しました。

「フフン、自分で腰振ってまでチ○ポが欲しいか」
私が彼女の動きに反応するように言うと…
「ああっ!ふぁい、ほしいえふ(はい、欲しいです)
 おひんひん、ほひいえふ(オチ○チン欲しいです)
 ほっほいっはいおひんひんくらはい…
(もっといっぱいオチ○チン下さい…)」
彼女はそう言いながら、更に強い肉棒の刺激を
求めていました。

「フン、そんなにチ○ポ欲しいのか、淫乱メス犬」
「あああっ!ほひいえふ(欲しいです)
 ごしゅひんははおおひんひんほひいえふ…
(ご主人様のオチ○チン欲しいです…)
 はおおっ!はがひぎほうえふっ
(また逝きそうですっ)!おおおっ!」
彼女はそう言いながら顔を激しく左右に振り、
開口栓からヨダレを垂らしながら、
両脚をビクビクと痙攣させ始めました。

「おう…いいぞ、そのまま逝けよ、淫乱女…」
私はそう彼女を蔑みながら、更に強く肉棒を押し込み
膣内を強く抉るように刺激を与えました。

彼女はその強烈な突き上げに耐えきれずに
顔を仰け反らせながら叫び声を上げました。

「ひいいっ!ひぐうっ!(逝くうっ!)
 おうらめ!はがひぐうっ!
(もうダメ!また逝くうっ!)」
マキさんは絶叫しながら全身を仰け反らせて
硬直したままビクビクと痙攣させたまま
一気に絶頂に達して果てました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4591-1d7c3efd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック