FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

※このお話を最初から読むには『緊縛快楽責め(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『緊縛快楽責め(特典画像)』まで。

**************************************************

マキさんを全裸にしてソファに座らせ、
両脚をM字に開脚させた形で右手首と右足首、
左手首と左足首をそれぞれ綿紐で縛り、
更に、腕を脚に添えるように縛り付け固定し、
アイマスク開口枷を嵌めました。

その上で、膣に人差し指と中指を入れて掻き回し
親指ではクリトリスを圧迫し、アナルのプラグ
出し入れしながら快楽刺激を与えて逝かせた後、
更に続けて彼女のヴァギナに電マ装着用の
アタッチメントを挿入し、プラグを出し入れしながら
二穴を同時に責めて連続絶頂を与えました。

そして、最後に正常位で挿入すると、彼女の膣内を
肉棒で激しく突き上げてアクメを与えました。

「ホラ、まだまだ逝けるだろう。
 指じゃ物足りない淫乱はチ○ポでもっと逝けよ」
私はそう言いながら、彼女の両膝を掴んで
屈曲姿勢を取らせて、膣の奥までペニスを押し込み
子宮頸を抉るように突き上げました。

「あああっ!いいっ!ひおひいい(気持ちいい)!
 おあんおおおく、ひおひいいっ!
(オマ○コの奥、気持ちいいっ!)」
マキさんは激しくポルチオを突き上げられ
狂ったように叫び続けました。

「ホラ、チ○ポが好きなんだろう、もっと喜べよ」
私は自分の恥骨を彼女の恥丘に叩き付けるように
激しく腰を律動させました。

「あああっ!おくあかんひる(奥が感じる)!
 おあんおおおくあひおひいいっ!
(オマ○コの奥が気持ちいいっ!)
 おあんおおおくえひぐうっ!
(オマ○コの奥で逝くうっ!)」
マキさんはそう叫び声を上げると全身を痙攣させ
膣を強く収縮させながらエクスタシーに達しました。

「ホラ、まだまだだ。淫乱女は物足りないだろ。
 もっとチ○ポ味わえよ」
私は容赦なく腰を彼女の恥丘へ叩き付けながら
肉棒でポルチオを抉り続けました。

彼女の秘裂からは大量の愛液が噴き出し、
ペニスの運動に絡み付きながら白く泡立ち、
その液体が腹部からヘソまで伝わって
彼女の下腹部全体を白っぽくしていました。

「はおおっ!ひぐうっ!(逝くうっ!)
 おあんおおおくへはがひぐうっ!
(オマ○コの奥でまた逝くうっ!)」
マキさんは突き上げを受け続けながら連続的に
絶頂に達し続け、意識が遠のいていく様子でした。
私はそれでも容赦することなく、彼女の膣を
肉棒で突き上げ続けました。

「おおおっ!ひぐうっ!(逝くうっ!)
 あおおっ!はがひぐっ!(また逝くっ!)
 あごおっ!ひぐっ!ひぐっ!(逝くっ!逝くっ!)」
マキさんは狂ったようにそう叫び続けながら
何度も絶頂に達し続けていました。

「あおおっ!おおおっはおおっ!」
マキさんは最後は言葉にならない呻き声と
絶叫を上げながら、ただただ与えられる快楽を
享受し続けていました。

その都度、身体をビクビクと痙攣させながら
両脚をブルブルと震わせ、腰をガクガクと振り、
本能のまま快楽を得続けていました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4592-fe044d7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック