FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マキさん

※このお話を最初から読むには『緊縛快楽責め(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『緊縛快楽責め(特典画像)』まで。

**************************************************

マキさんを全裸にしてソファに座らせ、
両脚をM字に開脚させた形で右手首と右足首、
左手首と左足首をそれぞれ綿紐で縛り、
更に、腕を脚に添えるように縛り付け固定し、
アイマスク開口枷を嵌めました。

その上で、膣に人差し指と中指を入れて掻き回し
親指ではクリトリスを圧迫し、アナルのプラグ
出し入れしながら快楽刺激を与えて逝かせた後、
更に続けて彼女のヴァギナに電マ装着用の
アタッチメントを挿入し、プラグを出し入れしながら
二穴を同時に責めて連続絶頂を与えました。

そして、最後に正常位で挿入すると、彼女の膣内を
肉棒で激しく突き上げて繰り返し連続的に
アクメを与えました。

「あおおっ!おおおっはおおっ!」
マキさんは最後は言葉にならない呻き声と
絶叫を上げながら、ただただ与えられる快楽を
享受し続けていました。

その都度、身体をビクビクと痙攣させながら
両脚をブルブルと震わせ、腰をガクガクと振り、
本能のまま快楽を得続けていました。

そして、彼女の絶頂のたびに全身の痙攣に合わせて
膣がキュッと締め上がり、私の肉棒を圧迫するのが
強く感じられました。

「おお…なかなか良く絞まるな…」
私も彼女の膣の圧迫による快楽で興奮が膨らみ
彼女の中で爆発寸前に達しているのを感じました。

「おおお…いいぞ、このまま逝くぞ…」
私はそう言いながら自らの腰の律動を早め
自分の快感を得られるポイントを刺激するように
彼女の膣内で肉棒を動かしましました。

「あううっ!おおおっ!はおおっ!」
マキさんは私の肉棒の動きに合わせるように
膣を締め付け私の興奮を更に高めて行きました。

「おおおっ!逝くぞ、逝くぞっ!」
私はそう叫ぶとマキさんの中で興奮を爆発させ
欲望の白濁液を一気に吐き出して果てました。

しばらく私が呼吸を整えると、ペニスを膣から
引き抜き、コンドームを外しました。
そして、彼女の顔に跨がるようにして、開口枷
ペニスを押し込み…
「ホラ、掃除しろ…」
とマキさんに命じました。

「むぐう…ぐうう…うぐう…」
イラマチオのように肉棒を押し込まれた彼女は
苦悶の表情を浮かべながら呻き声を漏らしました。

そして、開口枷の中で舌を必死に使いながら、
肉棒の愛液と精液を丁寧に舐め取っていました。

私はマキさんの苦悶に歪む表情を見つめながら
ペニスを更に喉奥まで押し込みました。

「げふっ…ぐえっ…ごふっ…」
マキさんは喉奥を突かれて苦しげにむせ返りながら
必死に耐えて舌を動かし、オスとメスの分泌液を
舌で舐め取っていました。

私は彼女の苦しみ咽び泣く表情を見つめながら
サディスティックな充足感を得ていました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4593-18cd0417
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック