FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ミィさん

※このお話を最初から読むには『SMホテル調教(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『SMホテル調教(特典画像)』まで。

**************************************************

その日、私はミィさんの希望に応え、SMホテルに彼女を
連れて行くことにしました。

ホテルに入って彼女を全裸にすると、彼女は持参した
自作の新しい耳付きカチューシャをつけました。
私は彼女のペット願望に応えるように首輪を嵌めて
リードを繋げると、アナルにワセリンを塗り込めてから
白猫尻尾を押し込みました。

すでにミィさんは、調教やアナルオナニーで
後孔を十分に開発されていたこともあり、
白猫尻尾を押し込まれて回転運動を与えられ
括約筋の圧迫感や直腸粘膜への摩擦刺激で
快楽を得ている様子でした。

「ホラ、ケツマ○コも気持ちいいだろうが…」
私がそう言いながら白猫尻尾をグリグリと回して
更に刺激を与え続けると…
「あううっ!…ううう…はうう…」
とミィさんは言葉にならない歓喜の声を上げながら
全身を小刻みに震わせ続けました。

「ホラ、どうなんだよ」
私がそう催促するようにミィさんのお尻を平手打ちすると
「あううっ!気持ちいいです!ううう…」
と驚きと苦痛でミィさんは叫ぶように答えました。

「ホラ、ちゃんとどこが気持ちいいか答えろ。
 教えてやっただろうが!」
私が更に彼女の羞恥心を煽る様な言葉を求めて
お尻を平手打ちし続けると…
「あううっ!ケツマ○コです!ううう…
 ケツマ○コが気持ちいいです!ううう…」
と、彼女は絞り出すような声で羞恥心に耐えながら
答えました。

「フフン、ケツの穴も気持ちいいのか、変態女…」
私は彼女の羞恥心と被虐心を煽るように言いながら
白猫尻尾を出し入れするように前後に動かしました。

「あああ…気持ちいいです…すごく気持ちいいです。
 ケツマ○コで気持ちよくなる私は変態です…」
ミィさんは自分自身を貶める自虐心に酔いながら
興奮を高めている様子でした。
その興奮に応えるように前の秘裂からは
粘度の高い液体が糸を引くように垂れていました。

「フフフ…ケツマ○コ掘られてマ○コがヨダレを
 垂らしてるぞ。お前は変態だけじゃなく淫乱だな」
私は彼女の興奮を高めるように言葉を投げかけると
彼女は羞恥心で身悶えしながら禁門の快楽に
必死に耐えている様子でした。

「あああ…ケツマ○コ気持ちいいです…あああ…
 ケツマ○コを責められてオマ○コも濡らしています。
 私はケツマ○コで興奮して気持ちよくなる
 変態の淫乱です…あああ…」
ミィさんは自分自身の興奮を更に煽るように言って
身体を小刻みに震わせました。

「あああ…ご主人様…逝きそうです…あああ…
 ケツマ○コで逝きそうです…逝かせて下さい…」
ミィさんはそういうと背中を仰け反らせながら
お尻をビクビクと痙攣させ始めました。

「フン、もう逝くのか、だらしねぇな…
 ケツマ○コで逝くようになった変態女め」
私はそう言いながら白猫尻尾のシリコンを
強く回転させながら激しく抽挿運動させました。

「ああああ!ダメです!もうダメですっ!
 あおおおっ!逝きますっ!逝きますっ!」
ミィさんはそう絶叫すると全身を硬直させながら
ブルブルと臀肉から内腿を震わせて
一気に快楽の頂点に達して果てました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4597-a81aebd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック