FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ミィさん

※このお話を最初から読むには『SMホテル調教(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『SMホテル調教(特典画像)』まで。

**************************************************

風呂から上がったミィさんに全裸のまま首輪を嵌め
部屋にある婦人科用の診察台に座らせ、
診察台付属の革ベルトで手足を拘束しました。

そして、アイマスクギャグボールを嵌め、
両脚を開いたまま無防備に曝け出された
ミィさんの秘部を指で刺激して逝かせました。

「フン、もう逝ったのかよ、だらしねぇな…」
私がそう言いながら彼女の膣から指を抜くと
ヌプリという粘着音と共に、粘液が私の指に
糸を引きました。

私は次にバイブを取り出すと、その先端に
彼女の分泌された粘液を絡めてから
ゆっくりと彼女のヴァギナに挿入していきました。

「はおお…あおお…おおお…」
彼女は膣粘膜を押し広げられるシリコンの感触に
甘い喘ぎ声を上げました。

「フフフ…相当興奮しているな…マ○コ汁が出るぞ」
私はそう言いながらバイブをを抜き差ししながら
彼女の膣粘膜に摩擦刺激を与えました。

「あうう…ううう…あふう…むうう…」
グチョッ、グチョッという粘液の粘着音に合わせ
彼女は身体をビクッ、ビクッと震わせながら
歓喜の声を上げました。

私はバイブを抽挿しながら振動スイッチを入れ
彼女の膣粘膜に強い快楽を与えました。

「はおおっ!おおおっ!あおおっ!」
ミィさんは激しく顔を仰け反らせながら声を上げ
強い快楽に飲まれていく様子でした。

「ホラ、気持ちいいだろうが…」
私は身動きできない彼女をいたぶるように
バイブを動かしながら快楽を与え続けました。

「はおおっ!あおおっ!はううっ!」
ミィさんは激しく顔を左右に振りながら
内股をブルブルと震わせ始めました。

ヴーンというモーターの振動音と共に、
ジュブジュブという粘液の泡立つ音が響き
彼女の秘裂からは白く泡立った粘液が
ドロドロと垂れ流れ診察台の合皮を濡らしました。

「ホラ、気持ちいいだろうが…」
私は彼女を冷たく見下ろしながら訊ね、
更に強くバイブを回転させながら前後に動かすと
「あふうっ!ひおひいい(気持ちいい)!
 おあんおひおひいいえふ
(オマ○コ気持ちいいです)」
と、彼女は絶叫しながら何度も強く頷き、
快楽の歓喜の意思表示をしました。

「そうか、じゃあホラ、もっと喜べよ…」
私は更に彼女を煽りながらバイブを抽挿して
膣粘膜に強い摩擦と振動の刺激を与えました。

「はおおっ!ひぐっ(逝くっ)ひぐうっ(逝くうっ)!」
彼女はそう叫んで全身を仰け反らせながら硬直させると、
口から泡を吹きながらガクガクと全身を痙攣させて、
再びエクスタシーに達して果てました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4609-9b527beb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック