FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ミィさん

※このお話を最初から読むには『SMホテル調教(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『SMホテル調教(特典画像)』まで。

**************************************************

風呂から上がったミィさんに全裸のまま首輪を嵌め
部屋にある婦人科用の診察台に座らせ、
診察台付属の革ベルトで手足を拘束しました。

そして、アイマスクギャグボールを嵌め、
両脚を開いたまま無防備に曝け出された
ミィさんの秘部を指とバイブとで刺激して
エクスタシーに導きました。

彼女は膣内への強い振動刺激で逝き果てた後、
ハァハァと激しく呼吸しながら口から唾液を垂らし
全身から汗を噴き出させながら呆然としていました。

私は彼女のその状態を冷静に見つめながら
バイブのクリトリス用の突起の振動スイッチを入れ
既にアクメに達して充血して膨らんだクリトリスに
震動する突起を押し当てました。

「あおおおおーっ!おおおおーっ!」
ミィさんは狂ったように叫び声を上げながら
全身を仰け反らせて手足をバタつかせました。
彼女が暴れるたびに診察台の手足に繋がる金具が
ガチャガチャと音を立てました。

「ホラ、気持ちいいだろうが、あん?」
私は冷酷に訊ねながらグイグイとバイブを宛がい
彼女の最も敏感な肉芽を刺激しました。

「あおおっ!ひおひいいっ(気持ちいいっ)!
 おあんおひおひいい(オマ○コ気持ちいい)!
 くいほいふあ、ひおひいいっ!
(クリトリスがきもちいいっ!)」
ミィさんは全身をビクビクと震わせながら絶叫し
快楽に歓喜し続けました。

私は彼女の秘芯を更に強く刺激するように
バイブを抽挿させながらクリトリスを刺激しました。
バイブが彼女の秘泉から出てくるたびに
白く泡立った粘液がシリコンに絡み付いて
グチョッ、グチョッという音を立てました。
そして、その粘液の量が増えるのに合わせるように
彼女の内股が小刻みに震えだし、快楽の頂点に
昇り詰めていく様子でした。

私は彼女の興奮を更に高めるようにバイブを動かし
クリトリスへ振動を押し付ける圧力を強めました。

「あおおおおーっ!ひぐっ!(逝くっ!)おおおっ!
 ひぐっ!ひぐうっ!(逝くっ!逝くうっ!)」
ミィさんは断末魔のような叫び声を上げながら
全身を痙攣させてエクスタシーに達して果てました。

私は彼女のその様子を見ながらも更に刺激を続け
膣内に押し込まれたバイブを回転運動させながら
更にクリトリスを圧迫するように震動する突起を
グイグイと押し当てました。

「ひいいっ!はがひぐっ!(また逝くっ!)
 あがああっ!はがひぐうっ!(また逝くうっ!)」
ミィさんは再び絶叫しながら全身を仰け反らせて
痙攣しながら再び昇天しました。

私はそれでも手を緩めることなく更にバイブで
彼女の秘所を責め続けました。

「あがあっ!ひおひいいっ(気持ちいいっ)
 おあんおひおひいい(オマ○コ気持ちいい)!
 あおおっ!ひぐっ!はがひぐっ!
(逝くっ!また逝くっ!)」
ミィさんは容赦ないバイブでの快楽責めを受けながら
狂ったように絶叫しつつ、何度も絶頂に達し続けました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4610-f736042c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック