FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ミィさん

※このお話を最初から読むには『SMホテル調教(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『SMホテル調教(特典画像)』まで。

**************************************************

首輪アイマスクギャグボールを嵌められた
ミィさんはX字型をした寝台に仰向けに寝かされ
X字の先端にある革ベルトで両手両脚を拘束され
再び身動きができない状態になりました。

私はその上で低温蝋燭に火を点けると
熱で融けた蝋を彼女の腹部にポタポタと
垂らしました。

「あぐうっ!あおうっ!おおうっ!」
ミィさんは初めて体験する強い熱の刺激に
狂ったような悲鳴を上げながら身体を捩って
必死に蝋燭の攻撃から逃れようとしました。

が、四肢をガッチリと拘束された彼女は
抗うことが出来ず、熱蝋の強烈な苦痛に
必死に耐えていました。

私は彼女のその様子を見つめながら
サディスティックな冷酷さを発揮して、
更に融けた熱蝋を垂らし続けました。

私は続けて、彼女の右の乳首に狙いを定めると
躊躇することなく融けた熱蝋を垂らしました。

「ひいっ!おおおっ!おおおーっ!」
ミィさんは悲鳴を上げながら四肢をバタつかせて
身体を捩り、必死に熱蝋の攻撃から逃れようと
抵抗しました。

「動くと狙いが外れて変なところに蝋が落ちるぞ。
 変なところを火傷したくなければジッとしてろ」
私が冷酷にそう命じると、ミィさんは…
「うう~…むう~…くふう~…」
と涙声で答えて大人しくなりました。

私は彼女が動きを止めたのを確認すると、
再び乳首に熱蝋をポタポタと垂らしました。

「ひいいっ!ぐうっ!むぐうっ!」
ミィさんは悲鳴を上げながら両手の拳を握り締め
ギャグボールを食いしばるように耐えていました。

私は更に容赦なく左の乳首にも熱蝋を垂らしました。

「あふうっ!うううっ!くうっ!うぐうっ!」
ミィさんは顔を激しく左右に振りながら
垂れ堕ちる強烈な熱刺激を受け止めて
必死に耐え続けていました。

「フフフ…変態マゾ女は痛くて苦しいのが好きだろう」
私は熱蝋を両乳首に交互に垂らしながら
意地悪くそう訊ねると、ミィさんは…
「うううっ!うううっ!うううっ!」
と必死の形相で答えながら首を左右に振りました。

「フン、ダメ奴隷はまだ覚えていないんだな…。
 そう言うときはなんて言うか教えただろう。
 ちゃんと言ってみろ」
私が更に蝋燭を垂らしながら厳しく訊ねると…
「ううう…う、う、うえひいえふ(嬉しいです)…」
とミィさんは諦めと悲壮感を漂わせながら
涙声で答えました。

「フフフ、ちゃんと覚えていたようだな。
 ご褒美にお前が嬉しいということをしてやる」
私は彼女を嘲るように言いながら、彼女の乳首から
胸、腹にかけて熱蝋を垂らしていきました。

「あぐうっ!あおうっ!おおおっ!あおうっ!」
ミィさんは再び悲鳴を上げながら
襲いかかる強烈な蝋燭の熱刺激に
必死に耐えていました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4612-7b2b53ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック