FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ミィさん

※このお話を最初から読むには『SMホテル調教(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『SMホテル調教(特典画像)』まで。

**************************************************

ミィさんを部屋の一番奥にある鉄格子の中に引き込み
彼女を壁面にあるX字の磔台の前に立たせました。
そして背中を向けさせた状態で、両手首と両足首を
磔台の四方の端にある革ベルトで拘束しました。

彼女が身動きできないように拘束すると
パドルで彼女のお尻をスパンキングしました。

パシーンという軽快な破裂音と共に…
「あううっ!うえひいえふ!(嬉しいです!)
 あぐうっ!うえひいえふ!(嬉しいです!)」
というマゾヒストとしての苦悶と歓喜の混じった
叫び声が上がりました。

私は次にバラ鞭を取り出すと、既に紅潮した
彼女のお尻を打ち据えました。

バシイッという革の炸裂音が部屋中に響き渡ると
「ぐううっ!」
という彼女の低い呻き声が響き渡りました。
そして、彼女はギャグボールを噛みしめるように
歯を食いしばって身体を小刻みに震わせながら
必死に痛みに耐えていました。

「ホラ、何とか言ってみろよ、変態マゾ女」
私はそう言いながら再びバラ鞭を振って
彼女のお尻を激しく打ち据えました。

バシッ、バシッと激しい打撃音が繰り返し響くと
「ぐううっ!…うぐうっ!…あぐうっ!…」
と彼女は言葉にならない呻き声を漏らし続けました。

彼女の臀部は真っ赤に紅潮した上に、
更に幾筋ものミミズ腫れができていました。

私はその爛れた彼女の皮膚を鷲掴みにしながら…
「ホラ、何とか言ってみろと言ってるんだよ」
と、彼女に言葉を促しました。

「あああっ!うえひいえふ!(嬉しいです!)
 あおおっ!うえひいえふ!(嬉しいです!)」
彼女は絶叫に近い声を上げながら答えると
顔を激しく左右に振り身体を硬直させました。

「フン、嬉しいか、この変態マゾ女!」
私は彼女の答えを確認すると、再びバラ鞭
彼女のお尻を打ち据え続けました。

「あああっ!あううっ!うえひいっ!(嬉しいっ!)
 あおうっ!おおおっ!うえひい(嬉しい)!」
ミィさんはバラ鞭で打たれるたびに歓喜の絶叫を
上げ続けながら必死に痛みに耐えていました。

「ホラ、もっと喜べ、変態マゾ女」
私はそう言いながら何度も何度も彼女のお尻を
バラ鞭で打ち据えました。
それによって私自身の中のサディスティックな
興奮が高まっていくのを感じました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/4615-ad0b06aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック