FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
管理人からのお願いです!

いらっしゃいませ。亮のブログへようこそ。

最初に管理人からご注意とお願いがございます。
こちらの注意事項をご確認いただきますようお願い致します。
ご一読の上、あらかじめご了承いただけますようお願い申し上げます。
 

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ユミさん

※このお話を最初から読むには『破瓜(その1)』まで。

**************************************************

ユミさんを飼うことにしてから一ヶ月後、
私達は初めて逢って調教することになりました。

ユミさんに初めての緊縛体験をさせてから快楽責めを与え
その後、断髪式をしてから無事に処女喪失を迎えました。
そして、私が彼女の中で果てた後、私達は快い疲労感に包まれ
静かに眠りに落ちました。

翌朝、上半身を縛られたまま首輪をつけて眠っているユミさんが
私に甘えるように絡みついてくる感覚で私は目を覚ましました。

初めて尽くしの体験での緊張と興奮から解放された様子で
ユミさんはスヤスヤと眠っていました。

「ホラ、ユミ、起きろ…」
私はユミさんを振り落とすように撥ねのけると
ベッドの下に転がっている電マを拾い上げました。
そして、眠っているユミさんの股間を押し広げて
振動する電マを押し当てました。
[【ユミさん】 破瓜(その6)]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ユミさん

※このお話を最初から読むには『破瓜(その1)』まで。

**************************************************

ユミさんを飼うことにした時に彼女から…
「私は男性経験がありません。ご主人様と処女喪失をしたいです」
と言われていました。

彼女のその決意が固いことを知った私は彼女の要求を容れて
その日、食事をして断髪式をした後、
私は彼女の処女喪失をすることにしました。

断髪式ですべての恥毛を剃り落とした後、
私は容赦なくリードを引っ張るとバスルームを出て
ベッドへ彼女を引きずっていきました。

彼女は首輪で強く引かれるまま、四つん這いで後に続き
ベッドの上に乗り仰向けに横たわりました。

そして、私はユミさんの両足首を掴んで左右に大きく広げ
彼女の未通の秘孔の入口に、ゴムを被せたペニスの先端を宛がい
ゆっくりと彼女の中に押し入っていきました。

「アアッ!くうっ!い、い、い…痛いっ…ううっ!」
ユミさんは苦痛に顔を歪めて顔を左右に振りながら抗いましたが
最後には諦めて、膣を押し広げられる激痛に耐えながら
私を最後まで受け入れていきました。
[【ユミさん】 破瓜(その5)]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ユミさん

※このお話を最初から読むには『破瓜(その1)』まで。

**************************************************

ユミさんを飼うことにした時に彼女から…
「私は男性経験がありません。ご主人様と処女喪失をしたいです」
と言われていました。

彼女のその決意が固いことを知った私は彼女の要求を容れて
その日、食事をして断髪式をした後、
私は彼女の処女喪失をすることにしました。

断髪式ですべての恥毛を剃り落とした後、
私は容赦なくリードを引っ張るとバスルームを出て
ベッドへ彼女を引きずっていきました。

彼女は首輪で強く引かれるまま、四つん這いで後に続き
ベッドの上に乗り仰向けに横たわりました。

そして、私はユミさんの両足首を掴んで左右に大きく広げ
彼女の未通の秘孔の入口に、ゴムを被せたペニスの先端を宛がい
ゆっくりと彼女の中に押し入っていきました。

「アアッ!くうっ!い、い、い…痛いっ…ううっ!」
ユミさんは苦痛に顔を歪めて顔を左右に振りながら抗いましたが
最後には諦めて、膣を押し広げられる激痛に耐えながら
私を最後まで受け入れていきました。
[【ユミさん】 破瓜(その4)]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ユミさん

※このお話を最初から読むには『破瓜(その1)』まで。

**************************************************

ユミさんを飼うことにした時に彼女から…
「私は男性経験がありません。ご主人様と処女喪失をしたいです」
と言われていました。

彼女のその決意が固いことを知った私は彼女の要求を容れて
その日、食事をして断髪式をした後、
私は彼女の処女喪失をすることにしました。

断髪式ですべての恥毛を剃り落とした後、
私は容赦なくリードを引っ張るとバスルームを出て
ベッドへ彼女を引きずっていきました。

彼女は首輪で強く引かれるまま、四つん這いで後に続き
ベッドの上に乗り仰向けに横たわりました。

そして、私はユミさんの両足首を掴んで左右に大きく広げ
彼女の未通の秘孔の入口に、ゴムを被せたペニスの先端を宛がい
ゆっくりと彼女の中に押し入っていきました。

「アアッ!くうっ!い、い、い…痛いっ…ううっ!」
ユミさんは苦痛に顔を歪めて顔を左右に振りながら抗いましたが
最後には諦めて、膣を押し広げられる激痛に耐えながら
私を最後まで受け入れていきました。
[【ユミさん】 破瓜(その3)]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:ユミさん

※このお話を最初から読むには『破瓜(その1)』まで。

**************************************************

ユミさんを飼うことにした時に彼女から…
「私は男性経験がありません。ご主人様と処女喪失をしたいです」
と言われていました。

彼女のその決意が固いことを知った私は彼女の要求を容れて
その日、食事をして断髪式をした後、
私は彼女の処女喪失をすることにしました。

断髪式ですべての恥毛を剃り落とした後、
私は容赦なくリードを引っ張るとバスルームを出て
ベッドへ彼女を引きずっていきました。

彼女は首輪で強く引かれるまま、四つん這いで後に続き
ベッドの上に乗り仰向けに横たわりました。

そして、私はユミさんの両足首を掴んで左右に大きく広げ
彼女の未通の秘孔の入口に、ゴムを被せたペニスの先端を
宛がいました。

「最初は痛いからな。覚悟しろよ」
と、私がそう言うと、ユミさんは覚悟を決めたように
私を見つめて頷きました。
[【ユミさん】 破瓜(その2)]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓