FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
管理人からのお願いです!

いらっしゃいませ。亮のブログへようこそ。

最初に管理人からご注意とお願いがございます。
こちらの注意事項をご確認いただきますようお願い致します。
ご一読の上、あらかじめご了承いただけますようお願い申し上げます。
 

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

※このお話を最初から読むには『山陽旅行(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『山陽旅行(特典画像)』まで。

**************************************************

旅行先でマオさんにリモコンバイブを仕込んで
街中を歩いている間や食事中にスイッチを入れ
彼女に振動刺激を与えると、彼女は快楽を感じつつ
緊張感と背徳感と露出のスリルを感じて
興奮している様子でした。

ホテルの部屋に戻って彼女に口唇奉仕を命じると
嬉々として私の座るソファの前に跪き、
ズボンのファスナーを開けてペニスを露出させ
教えられた通りに丁寧に口唇奉仕を始めました。

私は口唇奉仕を続けるマオさんの股間に
足先を滑り込ませると、
つま先でリモコンバイブを強く押し付けました。

「むぐう…んんんっ!」
マオさんはクリトリスと膣奥に振動し続ける
リモコンバイブを押し付けられて、
呻き声を発しながら身体を硬直させました。
[【マオさん】 山陽旅行(その10)]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

※このお話を最初から読むには『山陽旅行(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『山陽旅行(特典画像)』まで。

**************************************************

旅行先でマオさんにリモコンバイブを仕込んで
街中を歩いている間や食事中にスイッチを入れ
彼女に振動刺激を与えると、彼女は快楽を感じつつ
緊張感と背徳感と露出のスリルを感じて
興奮している様子でした。

ホテルの部屋に戻って彼女に口唇奉仕を命じると
嬉々として私の座るソファの前に跪き、
ズボンのファスナーを開けてペニスを露出させ
教えられた通りに丁寧に口唇奉仕を始めました。

私はマオさんが口唇奉仕をしている間も
リモコンバイブのスイッチを切り替えながら
彼女に振動の快楽を与え続けました。
彼女は小刻みに身体を震わせながら
快楽に耐えつつ口唇奉仕を続けました。

「ちゃんと教えた通りにできるようになったな」
私がそう褒めながら彼女の頭を撫でると
「はい、ありがとうございます、ご主人様…」
と彼女は撫でられて喜ぶ犬のような笑顔で
嬉しそうに答えました。
[【マオさん】 山陽旅行(その9)]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

※このお話を最初から読むには『山陽旅行(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『山陽旅行(特典画像)』まで。

**************************************************

私は旅行先のホテルでマオさんの秘所の中に
リモコンバイブを仕込んで夕食をとりに
外出しました。

街中や食事中にリモコンバイブを振動させて
マオさんに振動刺激の快楽を与えながら
羞恥心と背徳感とスリルをを与えました。

その後、部屋に戻るとマオさんはリモコンバイブ
強い刺激で興奮が高まった様子でした。

私はホテルの部屋の一番奥のソファに座ると
マオさんを目の前の床に座らせて口唇奉仕を
命じました。

彼女はズボンのジッパーを開いてペニスを
露出させると舌を使って丁寧に舐め始めました。
[【マオさん】 山陽旅行(その8)]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

※このお話を最初から読むには『山陽旅行(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『山陽旅行(特典画像)』まで。

**************************************************

私達は旅行先の街中で食事を摂ってホテルの部屋に
戻りました。

食事中もマオさんに仕込んだリモコンバイブ
振動させて刺激を与え続けました。

彼女は店員や周囲の客に気付かれないように
背徳感と羞恥心とスリルを感じながらも
強い興奮を覚えている様子でした。

ホテルに戻る道すがらも私はバイブ
スイッチを切り替えて彼女を刺激すると、
彼女はその都度立ち止まり、襲ってくる
振動の快楽刺激に耐えている様子でした。

私は彼女のその様子を見ながら
自分自身のサディスティックな興奮が
高まっているのを感じていました。
[【マオさん】 山陽旅行(その7)]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

※このお話を最初から読むには『山陽旅行(その1)』まで。

※この時の画像を見るには『山陽旅行(特典画像)』まで。

**************************************************

ホテルの部屋でマオさんの秘所にリモコンバイブ
仕込み、そのまま私達は夕食に出掛けました。

お店まで歩く途中、マオさんは体内に挿入された
リモコンバイブの異物感と振動に快感を感じつつ
背徳感と羞恥心とスリルを感じている様子でした。

そのまま夕食のお店に入ると、お店の一番奥の
死角になる位置に座りました。
そこで地元の名物料理を食べながら地ビールを
注文して食事を始めました。

店員が飲み物や食事を運んでくるたびに
私はリモコンバイブのスイッチを入れて
マオさんに振動刺激の快楽を与えました。
[【マオさん】 山陽旅行(その6)]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓