FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
管理人からのお願いです!

いらっしゃいませ。亮のブログへようこそ。

最初に管理人からご注意とお願いがございます。
こちらの注意事項をご確認いただきますようお願い致します。
ご一読の上、あらかじめご了承いただけますようお願い申し上げます。
 

SEO対応ブログ(blog)テンプレート無料会員募集中!

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

※このお話を最初から読むには『マスク調教(その1)』まで。

**************************************************

3回目の調教の日、私達はいつもの繁華街で待ち合わせ
予約してあるホテルの部屋に入りました。

部屋に入ると私はいつも通りに部屋の奥のソファに座り
持参したキャスターバッグから調教道具を取り出しながら
マオさんを全裸で私の目の前の床に座らせました。

私はマオさんの頭から全頭マスクを被せ、
更に首輪を嵌めてリードを繋ぎました。

その上で私はマオさんに…
「犬になりきれ。今日はお前は犬だから答えは『ワン』だ」
と命じて四つん這いにさせると彼女の口元に
私の右足の足先を突き出して
「舐めろ」と命じました。

「ううう…ワン…ハァハァ…」
マオさんはそう答えて私の足の親指を口に含みました。
[【マオさん】 マスク調教(その5)]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

※このお話を最初から読むには『マスク調教(その1)』まで。

**************************************************

3回目の調教の日、私達はいつもの繁華街で待ち合わせ
予約してあるホテルの部屋に入りました。

部屋に入ると私はいつも通りに部屋の奥のソファに座り
持参したキャスターバッグから調教道具を取り出しながら
マオさんを全裸で私の目の前の床に座らせました。

私はマオさんの頭から全頭マスクを被せ、
更に首輪を嵌めてリードを繋ぎました。

そして、リードを引き上げて首輪で彼女を吊るように
引っ張り上げると…
「いいか、今日はお前は人間じゃない。犬だ。
 犬として扱うから屈辱感を感じて喜べ」
と彼女に冷淡な口調で命じました。

「ぐうう…はい、かしこまりました、ご主人様…」
マオさんは首吊りのような姿勢で息苦しそうに
そう答えました。
[【マオさん】 マスク調教(その4)]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

※このお話を最初から読むには『マスク調教(その1)』まで。

**************************************************

3回目の調教の日、私達はいつもの繁華街で待ち合わせ
予約してあるホテルの部屋に入りました。

部屋に入ると私はいつも通りに部屋の奥のソファに座り
持参したキャスターバッグから調教道具を取り出しながら

「最初に全部服を脱ぎなさい」

とマオさんに命じました。
彼女は命じられた通りにダッフルコート、ミニスカート、
ブラウスと順番に脱いでいき下着姿になりました。
そこで彼女は恥ずかしそうに躊躇していました。

「全部服を脱げと言ったはずだが…」
私が調教道具の準備をしながら淡々と言うと…
「あ、はい。申し訳ございません、ご主人様…」
と俯き加減にそう答えて、ストッキングを脱ぎ、
淡いブルーのブラジャーとショーツを脱ぎました。

そしてたわわな乳房と無毛の秘部を手で隠しながら
私の前で俯きモジモジと立ちすくんでいました。
[【マオさん】 マスク調教(その3)]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

※このお話を最初から読むには『マスク調教(その1)』まで。

**************************************************

前回の調教の後、マオさんと私はメールのやり取りを
再開しました。
その中で、彼女から…

> 屈辱的な調教を受けたい。

という希望を受けました。

私はマオさんと更に詳しくメールのやり取りを続け
彼女が何を望んでいるのかを確かめました。
そして、そのやり取りの中から…
「肉体的な苦痛よりも精神的な屈辱」
を与えようと考えました。

そう考えて、私は次回の調教で屈辱感を感じるように
調教することを考えました。

私は次回の調教での内容をそう決めると、
マオさんとの調教の日程を決めてホテルを予約し
彼女と逢うことにしました。
[【マオさん】 マスク調教(その2)]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:マオさん

**************************************************

前回の『ブルマ調教』の後、私とマオさんとで
再びメールのやり取りを再開しました。

その中で、マオさんから…

> 今までの経験でスパンキングを経験していたので
> 痛みに強いと思っていましたが実際は違いました。
> ですが、その中で自分がスパンキーとも違って
> Mだということも認識できました。
> 痛みも欲しいと思うのですが、もっと屈辱的なことも
> されたいと思うようになりました。
> ご主人様に屈辱的なことをさせられたいです。

という内容のメールが送られてきました。
私は彼女の真意を確認するために…

> それは精神的に屈辱感を味わいということか?

と、確認のメールを送りました。
すると、マオさんからは…

> 経験値が少ないので精神的とか肉体的とか
> よくわからないし説明するのも難しいです。
> でも、痛いことと違うMとしての興奮を
> 感じてみたいと思っています。

という返信が送られてきました。
私はそのメールを読んで、更に彼女の願望を
確認することにしました。
[【マオさん】 マスク調教(その1)]の続きを読む


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓